好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    判決が新聞に報じられました

     私が矢野穂積議員や朝木直子議員らを相手取った名誉毀損裁判の判決が2010年3月8日に出たのだが、そのことについて東京新聞は3月9日の朝刊多摩版で報じている。見出しは次の通りだ。


    同僚市議に賠償命令

    地裁立川支部判決「精神的な損害」認める



     見出しにある「『精神的損害』認める」という文字を見た時、しみじみ「迷いはあったけど、裁判をやってよかった」と思った。顔には出さないけど、やっぱりずっと辛かったですから。

     とはいえ、「精神的損害」を認めてくれたのは地裁立川支部であり、矢野・朝木両議員は「精神的損害」を私に対して与えたとは微塵も思っていない。その証拠に、彼らはこの判決について「東村山市民新聞」というサイトで記事にしているのだが、判決文の中の自分たちにとって有利な文章だけを引き抜いて解説し、判決主文には一切触れていない(2010年3月9日現在)。
     矢野・朝木両議員にとって面白くない判決であることは理解できるが、事実を正確に伝えようとしない姿勢は市議会議員としていかがなものかと私は思う。





    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?