好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    私についての2つの請願

     以前の記事「市民の権利、請願と陳情」でも書いたが、2007年6月21日に10件の請願書が出され、それぞれ内容によって各委員会に付託された。7件が私の属する政策総務委員会に付託されたのだが、そのうちの2件が私についてのモノだ。
     というワケで、今回はそれがどういう請願なのか、その内容を紹介する。

     薄井氏に対する辞職勧告を求める請願

    請願趣旨
     薄井政美氏は、市議の任期の開始後の現在にいたっても条例に違反して女性、障害者の人権を侵害することを繰り返しており、青少年の教育にとっても阻害物であって、市議として最低限の資質に欠けるので、自発的辞職をするよう貴議会において勧告決議を行うよう求める。

    請願理由
     今年度市議会議員選挙にて当選した薄井政美なる人物は、市議の任期開始後に至っても、インターネットのアダルト動画サイトにおいて、実名で登場し、「人妻はカラダを褒めろ」とか「オマタのバリアフリー化」などと記述さえ憚れるセクハラ発言を繰り返し、女性、障害者を差別しその人権を侵害している。
     上記の薄井議員の行為は、東村山市男女共同参画条例第13条第2項及び同第14条に違反するのは明らかであって、東村山市の立法機関である市議会の構成員として最低限の資質に欠けるものである。
     また、市議会の議員は、教育行政とりわけ青少年教育に関する行政執行につき疑義を質す立場にあり、薄井政美氏の上記の行為は看過、容認することは到底できない。
     このような人物が市議として貴議会に所属していることを放置することは、全国の各議会はもちろんのこと全国民から批判の集中することは必定といわざるをえない。
     したがって、速やかに請願趣旨の通りの措置を執るよう求めるものである。

    平成19年6月13日

    請願人 ○○○○

    紹介議員 朝木直子


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     薄井政美市議への辞職勧告についての請願

    請願内容
     東村山市議会議員に当選した薄井政美氏に対し、東村山市議会が自発的議員辞職を求めるための辞職勧告を行うよう請願する。

    請願の背景
    「地方選で争われる政策は生活に直結するものが多く身近で切実だ」「有権者みんなが多かれ少なかれ政策の利害関係者だ」(朝日新聞4月16日社説より引用)
     東村山市の将来を決定する政策の形成と政策の決定に携わる市議会議員は、まさに私たち市民の運命を担っていると言ってよい。今般、夕張市の財政破綻や政務調査費の不正使用問題で表顕した地方議員の議員活動や議員としての資質の問題は、住民からの信頼を大きく失墜させる結果となっている。

    請願理由
     ①経歴詐称の疑念
     薄井政美氏の選挙公報のプロフィールには「毎日新聞社記者などを経て前職は出版社社員」とだけ職歴が記されているが、大手新聞社勤務はわずか1年8ヶ月であり、さらに前職は性風俗レポーターである。選挙公報において「徹底した情報公開」を二大公約の一つに掲げながら、「市議候補」「市議」としての自分に対する疑問や批判に対して、意図的に説明責任を果たそうとしてこなかった薄井政美氏の行動はまさに、「経歴詐称」にも値する大問題であると断じざるを得ない。
     また、青少年の健全な育成を責とする薄井市議の「出版社社員」としての前職が、ソープランドなど性風俗業界の女性求人誌を発行している出版会社の社員であることを知った市民は、薄井議員に主権者としての権利を信託するであろうか。答えはノーであり、多くの市民が「信託できない」と声をあげていることは紛れもない事実である。
     結論として、薄井政美氏は「人物」「経歴」を「詐称(偽り)」と言えるほど美化して当選したものであり、民間であればまさに「クーリングオフ」の対象であることは明白なる事実である。

     ②薄井政美氏の「異論の封殺行為姿勢」は市議としての的確性に欠ける
     薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会のブログにおいて、薄井政美氏は一貫して氏の意見と異なる言論を封殺してきた。その行動姿勢は公人となった現在も同じであり、「少数意見の尊重」「表現、言論の自由」をうたった日本国憲法の精神に反する卑劣な行為であり断じて看過することができない。
     薄井政美市議のこのような行為こそが、長崎市長が殺害された事件や加藤紘一元自民党幹事長の実家放火事件など、自由闊達な言論活動を封殺する蛮行へつながっていくのであり、氏の倫理観、道徳観の欠如はまさに市議としての適格性に欠けていると断じざるを得ないのである。

     ③知的財産権侵害を奨励する姿勢はコンプライアンス精神を無視する愚行であり市議として甚だ不適任である
     薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会の公式ブログにおいて、薄井氏は当方からの再三の忠告にも関わらず、違法投稿された「You Tube(ユーチューブ、11月7日に放映された報道番組の海賊版)」を見るよう勧める記事投稿を何回も行ってきた。米国が中国の著作権侵害をWTOに提訴した記事や日本でも著作権をめぐる法改正への検討が始まったという記事を目にするとき、元新聞記者の経歴を有する薄井政美氏のこの確信犯的行為はまさに断罪されるべきものであると言わざるを得ない。

     このような理由により、東村山市議会が薄井政美氏の市議会議員辞職勧告を行うよう請願するものである。

    平成19年6月19日

    請願人 ○○○○

    紹介議員 朝木直子


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


     こういう請願が出されたことについては、私の不徳のいたすところであり、選挙で投票してくださった2051人の有権者の方には申し訳ないと思っています。ただ、この件に関して、現時点ではコメントを控えたいと考えています。というのも、すでに2007年5月25日に朝木直子議員から「人権侵害等申出書」が提出されており、近々、苦情等処理委員からヒアリングを受ける予定ですし、請願に関しては7月9日午前10時から開催される政策総務委員会で審査される予定です。素直に第三者からの判定を仰ぎたいと思っていますので、私としては自分の考えを述べるのは控えさせていただきます。
     でも、いずれ時期をみてこの件に関して、自分の考えをこのブログで明らかにしていきたいと思っています。

     ちなみに7月9日午前10時から開催される政策総務委員会は傍聴できます。政策総務委員会のメンバーは島田久仁議員(委員長)、肥沼茂男議員(副委員長)、木内徹議員、田中富造議員、矢野穂積議員、山川昌子議員、そして私の7人。私についての請願を審査する際は、私は除斥となります。
     関心のある方はぜひ傍聴に来てください。
    関連記事
    いまどきこんな
    ニュースで薄井さんの事件を知りました。
    しかし、職業差別もさることながら、言論の自由についても問題ありの提訴ではないでしょうか?がんばってください。
    ちなみに、もし必要であれば実名を公開しての抗議文をお送りしてもいいです。当方、北海道でタウン誌の編集長をしております。m(_ _)m
    [ 2007/07/02 23:12 ] [ 編集 ]
    草の根市民クラブのリーフレットが時々我が家のポストに入っています。
    ここのお二人は何についても反対し、周りの議員達を端から攻撃していますが、一体何をしたくて議員をなさっているのか疑問に感じます。
    審査をする政策総務委員会でも、「またか」という感じではないかと・・・。
    [ 2007/07/04 00:54 ] [ 編集 ]
    どこ?
    7月9日午前10時から開催される政策総務委員会

    の場所はどこでしょうか?
    [ 2007/07/06 10:18 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます
    冬眠前の森の熊さん、コメントありがとうございます。
    東村山市以外からの応援、本当にうれしく思います。
    私自身、現在はコメントできませんが、東村山市はきっと良識を示してくれるものと信じています。
    [ 2007/07/06 13:40 ] [ 編集 ]
    私も同感です
    よっちさん、コメントありがとうございます。

    >ここのお二人は何についても反対し、周りの議員達を端から攻撃していますが、一体何をしたくて議員をなさっているのか疑問に感じます。

    私は市議になってまだ2カ月ですが、やはり同じことを感じます。
    [ 2007/07/06 13:43 ] [ 編集 ]
    場所は…
    zenさん、場所は市役所6階の第一委員会室です。
    [ 2007/07/06 13:44 ] [ 編集 ]
    応援も兼ねて傍聴に伺いたいのですが、市民以外の者が行くことで迷惑になったりしますか?
    市民の方(顔の知れている方)だと後から仕返しされる?ような街のご様子、できるだけ大勢の人たちで行って市民の方の面割れを防いでさしあげたい気分なのですが、反対に「部外者は帰って」と言われかねないのかな、と。

    ウチのほうも田舎は田舎ですが、このような妖怪話は巻き起こりません。そのかわり一旦事が起こったら、今回のようにキチンと動ける市民も少ないように感じています。東村山市民の皆さんの真っ当な動きに期待し、薄井さんもどうか頑張ってください。
    [ 2007/07/08 12:49 ] [ 編集 ]
    明日ですね
    立候補されるときグルメ日記のほうで、
    「マサさんがどの市会議員さんよりも私の暮らしを支えてくれている」
    と書いた者です。

    草の根新聞とやらでマサさんが標的になっていると知ってはいましたが、
    まさか本当にこんなことになっているとは・・・

    私はマサさんの前職も知った上で投票しました。
    もちろんビックリしましたが、隠さないマサさんって誠実な人だなあと思ったくらいで、以前のコメントの想いは変わりません。
    むしろ頼みもしないのに毎回中傷ビラをポスティングする、かの方の方がよっぽど私にセクハラしてるわ。ほんとにやめて欲しいんですよねあれ・・・日が浅いヨソ者にはだれも教えてくれないし、聞きづらいしこういう話。

    明日は仕事なので傍聴に行けませんが、何も悪いことをしているわけでもないんだから、前職に誇りを持ってがんばってください。陰ながら応援しております。
    [ 2007/07/08 13:12 ] [ 編集 ]
    大丈夫ですよ
    市外の者ですさん、コメントありがとうございます。
    傍聴は誰でもできますし、迷惑じゃありません。お時間があればぜひ来てください。
    [ 2007/07/09 05:16 ] [ 編集 ]
    ありがとうございます
    ぷりんさん、コメントありがとうございます。
    心強い言葉、ありがとうございます。
    東村山市の良識を信じて、政策総務委員会に臨もうと思います。
    [ 2007/07/09 05:18 ] [ 編集 ]
     初めてナマのマサさんを拝見しました。以前、「太めの内藤剛志」と
    表現しましたが、ちょっと違いましたね。芸能人で似てる人は思い当た
    りません。想像よりも大人というかオジサンというか、写真よりは貫禄
    がありますね。

     ところで、肝心の「政策総務委員会」!あんなグダグタな会議に税金
    が使われているかと思うと唖然とします。議員側も行政側も、みんなが
    みんな、ちっとも議論に必要と思われる準備や下調べ、質問や意見の
    整理をして来てないじゃないですか。その場に行ってからテキトーに会
    話のやりとりすりゃいいやって感じが見え見えでした。仕事なんだから
    ちゃんとやれよ!

     とはいえ、今回の請願、薄井辞任と温暖化と禁煙の三つは、幼稚すぎ
    て、議論にあがる事自体ばかばかしいから、準備なんてしてられるかっ
    てのが本音なのは良く分かります。建前上、議論に値しないと言えない
    からしょうがないのでしょうが。

     それにしても、矢野市議のズレた発言の度に、傍聴席から苦笑や爆笑
    が沸き起こり、ヘタな寄席に行くより面白いな…と。勿論、そのうちうんざ
    りはしてきましたが。矢野市議はいつも口がへの字で、それが人相として
    定着しちゃってるのが分かり、なんだか哀れですね。直子氏も傍聴席に
    いらしてましたが、思いつめてるような表情が人相として固定されてる感
    じで、これまた可愛そうに思いました。
    [ 2007/07/09 16:14 ] [ 編集 ]
    gunさんへ
    傍聴ありがとうございました。

    >初めてナマのマサさんを拝見しました。以前、「太めの内藤剛志」と
    表現しましたが、ちょっと違いましたね。芸能人で似てる人は思い当た
    りません。想像よりも大人というかオジサンというか、写真よりは貫禄
    がありますね。

    すみません、写真に偽りありですね(笑)。選挙中はやせていたんですけど、ここのところ太ってしまって……。どうやら私はストレスがたまると太る体質らしいです。

    >ところで、肝心の「政策総務委員会」!あんなグダグタな会議に税金
    が使われているかと思うと唖然とします。議員側も行政側も、みんなが
    みんな、ちっとも議論に必要と思われる準備や下調べ、質問や意見の
    整理をして来てないじゃないですか。その場に行ってからテキトーに会
    話のやりとりすりゃいいやって感じが見え見えでした。仕事なんだから
    ちゃんとやれよ!

    私もメンバーの1人なのですが、自分でも「これではいけない」と思いました。もっと準備が必要だと痛感しました。ちゃんとやるつもりなので、次回も機会があれば、傍聴に来てください。

    [ 2007/08/10 12:23 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?