好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    市役所の応対ってヘン?

     先日のこと。自転車に乗って市役所に向かっていると、「あら、薄井さんじゃないの!」とある女性から呼び止められた。その人は4月の選挙期間中、よく久米川駅でお会いして、「応援してるから頑張ってよ!」といつも声をかけてくれた人だった。「当選できてよかったねぇ」と言ったあと、「ちょうど良かった。ちょっと聞いてよ」と、こんなことを話し始めた……。

    「今、市役所に行って来たんだけどさ、職員の応対がまぁ、ひどいのよ。まだ、午後5時までに10分あるっていうのに、書類を頼んだら『明日また来てください』って言うの。まだ終わりの時間じゃないでしょって言ったら、何て言ったと思う? 『それを作るのに20分かかるから』って言うのよ。他の女性職員はまだ仕事が終わる時間じゃないのに、化粧して帰り支度してるしさ、一体どうなってんのよ、この市役所は。薄井さん、アンタまず市役所を変えてよ」

     女性は「頼んだわよ、薄井さん!」と言い残してその場を去っていった。
     これはその女性から聞いた言葉であって、事実かどうかは私にはわからない。本当にそうなら問題だと思うが、「実際のところ、どうなんだろう?」と私は考え込んでしまった。というのも、私自身は市議になる以前も、なった後も市役所での応対で嫌な思いをしたことがないのだ。
     たまたま、いい職員に当たったということなのだろうか?

     そう言えば、奥谷浩一議員は2007年6月11日の一般質問で、

    「電話の応対の際、氏名を名乗らない職員の方がおられますが、基本的なマナーであると考えます。どのような職員研修を実施しておられるのかお伺いいたします」

    という質問をしていた。これに対して総務部長は「窓口対応マニュアル『ようこそ市役所』があるので、それに基づいてOJT(職場内教育)を徹底させている」と答弁。市役所としてはキチンとやっていると主張したそうな口ぶりだった。

     うーん、本当のところはどうなんだろう?
     というワケで、アンケートを取ることにしました。市役所での応対に不満や不快感を抱いた人は、ぜひ具体的に何が不満・不快だったのか、コメントとして書き込んでください。

    質問 市役所での応対に不満を感じたことがありますか?
    ない
    たまにある
    何度もある
    結果過去の投票FC2ID
    関連記事
    [ 2007/06/22 17:23 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(6)
    東村山市民・支持者が声を上げましょう
    まったく違う分野でのコメントを、お許しください。東村山市民新聞でセクハラ支持ネットオタク(4)と言われてしまいましたが、この問題がどうゆうことなのか。私たち市民のなかからではなくこんな形で提起されてきました。「東村山市議にたいする人権侵害事件について署名のお願い」http://shibuya.txtnifty.com/blog/2007/06/post_979a.html
    職業の中での「仕事の発言」が問題視され辞職勧告申出書までが提出されたことへの当然の反応だと思います。ただこの賛同人の中には著名な方々が散見しますが東村山市民がいないのです。市民が署名に参加することが「自分達の意見以外はすべて受け入れない」人たちへの大きな批判となると思います。私達が入れた一票を生かそうとしているマサさんにたいする励ましとなるはずです。
    [ 2007/06/23 10:50 ] [ 編集 ]
    リンクはこっちですね
    zenさん、コメントありがとうございます。
    今回の外部の動き、とてもありがたく思っています。
    zenさんが書き込んでいるリンクは、こっちが正しいようですね。

    http://shibuya.txt-nifty.com/blog/2007/06/post_979a.html
    [ 2007/07/02 01:50 ] [ 編集 ]
    怒り
    先日、私の婚約者が市役所に医療費や保護の相談に行きました。
    彼女は膠原病で働くことがままならく、医師からは効果の高い高価な薬を勧められています。
    私の収入だけでは難しいのでその相談に行きました。
    窓口の中年の男性は自分の名前を名乗らず『名前は?』『仕事は?』と不機嫌に聞き、さらに彼女の外見が普通な為、男性は『ホントに病気なの?どこの病院?なに先生?』と聞いてきました。
    彼女が病院名と医師の名を告げると今度は『親はなにをやってるんだ?』と言いました。
    彼女は片親で、お母さんも経済的に苦しく支援が難しい事を告げると、『普通は親がやるんだ』と言い放ち、卑下するような目で溜め息をつきました。そんな事は私も彼女も百も承知ですが、今の状況では行政に頼る他ないので相談に行ったのです。
    彼女は体中が痛むのに歩いて市役所な行ったのにそんな言われ方をされ、涙を流しました。
    すると男性は慌てて女性職員を呼びました。
    女性が『なんの病気なの?』と聞くと、彼女が答える前に男性が『どうせ精神病でしょ』と言いました。どうせ?精神病?彼女は悔しくなり泣きながらその場をさりました。
    市役所はそんな所なんですか?職員はなんの為、誰の為にいるのですか?私たちはなんの為安くはない市民税、都民税を払っているのですか?
    一部の職員だけかもしれないし、嘘をついて保護受けてる人がいるのはわかりますが、本当に精神を病んでる人にそんな対応をして帰りに自殺したらどうするんですか?
    彼女も酷く傷つき落ち込みました。
    私はその職員を絶対に許しません!
    必ず抗議します!
    東村山市役所は隣接の市の住民からも良い評判は聞きません。
    彼女の病は完治しません。効果の強い薬を服用しなければ悪化が早まります。所得の低い人間は苦しめば良いのですか?税金で給料をもらってる人はわからないんですね。
    [ 2008/12/02 11:34 ] [ 編集 ]
    ブーコさんへ
    コメントありがとうございます。
    彼女の受けた辛さ、悔しさ、ブーコさんの文面からよくわかります。
    と同時に、少しは改善の兆しが見えてきた窓口応対だっただけに、この応対には残念でなりません。
    ただ、状況をもう少し詳しく知りたいので、申し訳ないのですが、メールしていただけないでしょうか。
    私のメールアドレスは、
    usuimasayoshi@yahoo.co.jp
    です。よろしくお願いします。

    [ 2008/12/02 14:32 ] [ 編集 ]
    市役所に電話しました。
    本日、市役所に電話しました。
    市役所の代表番号の方は、丁寧な対応で内線で市民部市民協働課へ回して頂きました。自治会の件で質問があったのですが、ぶっきらぼうな上から口調。次の方も怒鳴り調に聞こえる喋り方。もちろんお二方、名前も名乗らず、です。質問についても、しっかりとした返答はなく、ただただ不快な思いをしました。理由は全くわかりません。
    今まで、市役所の窓口で嫌な対応をされた事が無かったので驚きました。
    普通の会社ならありえない対応でした。

    あと、普段の窓口の方の対応は満足してますが、ブログに書かれているように、市役所の一階窓口は、見通しがいいせいか、確かに17時前に帰る準備をしている方をよく見かけます。しかし、ほとんどの職員の方は、しっかりと17時まで受け付け、対応して下さっています。なので、どうしても帰る理由や、もしくは外に出る用事があるのかな、と思っています。

    電話の対応がショックだったので、
    東村山市 嫌な対応 と検索したら、このブログに行き着きましたがブログは、薄井さんが議員さんになる前から時折読んでいました。
    コメント書かせていただき、だいぶ気分が楽になりました。今後の活躍に期待と応援しています。




    [ 2015/06/11 10:02 ] [ 編集 ]
    ハルさんへ
    コメントありがとうございます。
    市民協働課で名前を名乗らずに電話応対ですか。ちょっとあり得ないし、あってはいけないことだと思います。
    特に市民協働課は、市民と行政の橋渡し的な役割を担う部署。こんなことはあってはいけないと思います。


    [ 2015/06/13 07:37 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。