好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    朗報!淵の森

     ついに「淵の森緑地」対岸の雑木林を保全する問題が大きく前進した。
     2007年6月19日午前9時50分、アニメ映画「となりのトトロ」でおなじみの監督で、「淵の森保全連絡協議会」の会長である宮崎駿さんと同協議会の事務局長である安田敏男さんらが東村山市役所に到着。「まずは事前にお話がしたい」という市側の意向で、宮崎会長と安田事務局長は小嶋博司・都市整備部長の案内で渡部尚市長の待つ3階の市長室へ。
     報道陣と、詰め掛けた協議会のメンバー約20人は、6階に設置された会見室に移動した。


     待つこと20分。午前10時10分ごろ、宮崎会長と安田事務局長、渡部市長と小嶋部長の4人が6階に現れた。
     宮崎会長は6月18日時点までに集まった709人からの寄付金515万6000円の目録を渡部市長に手渡した。そして「今後、2000万円を目標にさらに募金を集めたい」とコメント。

    左から渡部市長、宮崎会長、安田事務局長


     目録を手にした渡部市長は「非常に重たいお金をいただきました」と感想を述べた上で、こう語った。

    「緑地については、都市計画決定がなされているモノを最優先とし、次に緑地指定されているところを優先してきました。そういう点では問題となっている緑地は優先度が低く、これを買うことに対して市民の理解が得られるのかどうか、庁内で議論してきました。今回、このような重たい寄付をいただき、また宮崎さんからも寄付の申し出もありました。21日に議会に諮って最終結論を出したいと考えています」

     何とも歯切れの悪い言葉ではあるが、私は渡部市長は精一杯リップサービスをしてくれていると思う。
     問題となっている緑地を買うことは特例であることをまず強調。じゃあ買わないのかというと、寄付金を受け取っておいて「買わない」というのでは筋が通らない。写真のように寄付金の目録を受け取ったパフォーマンスを見せたのは、市としては「買う気がある」という意思表明以外の何物でもない。また、渡部市長は別の発言で「緑地の管理を含めて(宮崎さんと)パートナーシップをとりたい」と話しているので、市としては「購入を決断した」とみていいだろう。
     ただ、買うためには予算が必要となり、それは市側だけで決めることはできない。議会の承認が必要となる。だから最後の言葉「21日に議会に諮って最終結論を出したい」となるのだ。

     21日は6月定例会の最終日だが、この日に代表者会議を開き、市としての最終的な方針を出すことになるだろう。


     それにしても凄いのは、募金額の急増度だ。確か私が最初に安田事務局長にお会いして話を聞いた時は、募金額は50万円ぐらいだったハズだ。そして5月31日の第1回目の集計額は173万9000円。それが今回515万6000円だからね。まさに「凄い」の一語。
     事務局の人によると、「新聞の多摩版に出てから急速に増えた」とのこと。東村山市をはじめとした多摩地域の人の善意の表れだと思う。1人で100万円を振り込んでくれた人もいれば、500円玉を1枚ずつ握り締めて届けてくれた2人の小学生もいたという。

     宮崎さんが目標として口に出した「2000万円」という額。おそらく市民からの募金で足りない部分を宮崎さんが補うつもりなのだろうが、そうそう“宮崎さん頼み”ではダメだと思う。募金は現在も受け付けているので、無理のない範囲で地元の多くの人に協力してもらえたらいいなぁと思っています。よろしくお願いします。


    【募金単位】 1口1000円(何口でもOK。寄付をすると宮崎監督の直筆サイン入りの感謝状兼領収証のハガキが届くという。ATMやネットから振り込んだ人で「ハガキが欲しい」という人は、事務局に住所と名前をお伝えください)

    【振込口座】 東京都民銀行秋津支店 普通0601496(手数料は自己負担でお願いします)

    【口座名義】 淵の森保全連絡協議会会計 栗原保男(読み方は「フチノモリホゼンレンラクキヨウギカイカイケイ クリハラ ヤスオ」)

    【募金管理】 淵の森保全連絡協議会(会長・宮崎駿)

    【問い合わせ先】 事務局長・安田敏男 
    住所:所沢市上安松476-1 
    TEL&FAX:04-2944-2633




    関連記事
    「優先度の低い個人所有緑地を特例としてに買う」ということですよね。
    良し悪しは別として、また市民に広く知らされないまま庁内で購入が決断され、形だけの了承議会か・・と残念に思います。
    このことを市民のどれだけが現時点知っているのでしょうか。一議員のネットを見ている人って限られているはず。さきほどマンションの友人が集まったのでこのことを伝えると、一人も知りませんでした。
    この1週間、用事で市役所や図書館、児童館等々行く機会が多かったですが、市民の意を聞きたい・・もしくは特例のこのような計画があっているというものは目にしなかったように思います。
    桜並木伐採や駅前開発と同じ動き・・・本当に残念です。

    一つのことを決定しようとすれば、賛成者もいれば躊躇者もいるはず。
    どうしていつもいつも賛成者だけの意見で進んでしまうのでしょう。
    自然を守る動きの素晴らしさとは別に、また変らない体質にがっかりです。

    [ 2007/06/19 18:39 ] [ 編集 ]
    お金はどこからやって来るのか?
    東村山市役所は、受け取った限りはやることになるが、不足のお金はどこから出るのでしょうか。この時期ですので当然予算には計上されていないと思うし、急にふって沸いた話ですね。(ある程度は事前予測できたと思いますがきっとそんな余裕のお金はないし、予定もしていないでしょう。)
     今後いつの時期にどれだけ予算をどこから持ってくるのか、不足分はいくらなのか。財政が厳しいといっている東村山市がどうするのでしょうか。しかし後戻りはできないので、ここまでくると何とかするしかないのですね。何か毎回、場当たり的な感じが否めません。
    [ 2007/06/19 18:58 ] [ 編集 ]
    これはマサさんのブログなのだし、政治家としてのマサさんの意思としてこの土地を購入すべきと表明することには、何の問題も無いと思う。

    問題は一つ、マサさんが混乱していること。
    たぶん、ここの表現に、マサさんの混乱があると思います。

    >ただ、買うためには予算が必要となり、それは市側だけで決めることはできない。議会の承認が必要となる。だから最後の言葉「21日に議会に諮って最終結論を出したい」となるのだ。

    「市側」って何?この文脈だと「市長の一存」ってことになるのかな。

    市長の一存で予算を、もっと言ってしまえば「購入するという事業にかかる補正予算あるいは予備費からの支出等」を、決められるはずがない。議会の承認が必要なのは当然でしょう。

    市側って何でしょうか。市長側、なら分かる。

    マサさんは、「市議として、自治体としての東村山市の組織を構成する一員」だということを忘れているのでは。
    市議会って、「市側」と対立する組織ではありません。
    「市」の一部です。しつこいかな。
    でも、こうしつこく書きたくなるくらい、混乱していると思う。

    一新人議員に、東村山市の動きをすべて広報してもらう必要は無いし、
    理由もない。だから、マサさんにそこまで要求するのは酷だと思います。

    でも、マサさん、当選して以来、朝だち、夕だちはしていますか。
    このブログにはそのことは出てこないので、たぶんしていないと思います。ブログ以外で、活動報告をする予定はありますか。
    集会をしたり、支援してくれるメンバーに活動報告書出したり。

    一度に何でもはできないと思いますが、考えてみてほしいです。
    自分の意思を市民に伝える方法を。
    それが、駅前での演説だったり、するのでは、、、。
    選挙期間以外でも、していいんですよ、演説。
    [ 2007/06/20 04:01 ] [ 編集 ]
    所沢市民と東村山市民の力
    宮崎さんが先頭に立って動いていただいたことが大きいと思いますが、
    私たち市民が淵の森を知り守ることに動いた事(口コミ・ブログ・募金)が社会的な問題として受け止められた。だから大新聞も記事にした。非常に大きなことだと思います。もし淵の森が守れるとしたら所沢市民・東村山市民にとって現在のことだけではなく、未来に自然を守る動きをつくれたことに誇りが持てると思います。桜並木伐採や駅前開発との違いはここにあるのではないでしょうか。おおいに市も広報活動をしてもらいたいと思います。マサさんも自然を守る動きに対しての代弁者として質問も行いブログにも取り上げた。この事に公約の履行と議員としての意味を感じます。

    [ 2007/06/20 12:21 ] [ 編集 ]
    原資が気になりますね
     渡部市長のことですから、「スタンドプレー」と揶揄されないような下地づくりに、如才なく取り組まれたことでしょう。その成果である拠出の金額と原資について、明日はどこまで明らかになるのか、注目したいと思います。

    >自分の意思を市民に伝える方法を。
     報告や訴え、共有、耳を傾けるスタイルは、議員さんそれぞれですね。
     議員としての立ち位置が示されるのも欠かせないことですが、私としては、市民が、マサさんを通して市や市議会の実容に少しでも近づき、市民自身が考え、意思を持てること(さらには動き出すこと)につながるような発信を望みたいところです。
     議員さんにどう動いてもらいたいか、動いてもらうべきなのか。私たち市民の側が問われているように思います。
    [ 2007/06/20 17:40 ] [ 編集 ]
    市議と市議会のこと
    度々、長々とすみません。書き込みを拝読して。

     議員や市議会は、「市側」とは明らかに一線を画して、あくまでも市民の立場から市の行政をチェックするのが第一義のはず。
     時には対立し、でもチェックを通して評価すべき点が見つかれば市民に伝え、市民と行政と税金の関係を有機化していく。市民の幸せを形づくるコーディネーターとして、議員は行政側との建設的な緊張・信頼関係をいかに作れるかが課題と聞きます。

     市議や市議会が、自治体の構成員や「一部」に組み込まれている存在として市民の目に映るとすれば、その責任は明らかに議会に有る。

     いま市長以下、複数の会派・市議の皆さんが議会改革を訴えていますが、非公式な形でも「描き」の刷り合わせをするなど、具体的作業は始まっているのでしょうか。
     総論賛成、各論反対で結局、議会内がまとまらず、耳障りの良い幻聴で終わることのないよう切に願います。(記事とズレた話で、申し訳ありません)
    [ 2007/06/20 17:56 ] [ 編集 ]
    >市議と市議会のこと
    なすびさん、読んでくださってありがとうございます。

    マサさん、再びのコメント申し訳ありません。

    >議員や市議会は、「市側」とは明らかに一線を画して、あくまでも市民の立場から市の行政をチェックするのが第一義のはず。

    市長も、市民から選ばれ、信頼され委託を受けた存在です。
    だから、市長以下、ここで言われている「市側」も、もちろん当然、
    「市民の立場から市の行政を行う」はずです。
    市職員にも、もちろん当然に市民の利益ために働く義務があります。

    そうなっていないなら、本質的に何かが間違っているのだと思います。

    また、

    > 市議や市議会が、自治体の構成員や「一部」に組み込まれている存在として市民の目に映るとすれば、その責任は明らかに議会に有る。

    これはちょっと読み取りにくいのですが「なあなあになっている」とか、
    そういう状況を指すのかなと思います。それは確かによくないですね。

    市長と市議会の緊張関係を保つことは、必要なことですが、それは、
    「市政」を適正に行うために自治体に用意されているシステムです。

    もし、「市側」と言うものが、市民から遊離しているとしたら、
    それは「その自治体固有の重要な課題」だと思います。

    なすびさんは、東村山市が、そういう状況にあるという認識で、
    コメントを書かれているのだなと、思いました。
    [ 2007/06/21 01:26 ] [ 編集 ]
    >桜並木伐採や駅前開発との違いはここにあるのではないでしょうか。

    マサさんが、まだ市議でなかった頃、桜並木伐採についての私見を述べられていたなかで、「桜並木があったお陰で虫や湿気に悩まされてうっとおしく思っていた市民だっていたかもしれない。」「良し悪しではなく、市民に問わずに勝手に決めてしまう体質が問題だと思う」という意のやり取りがあったのを覚えています。私は、あのやりとりをみて、薄井さんの視点の素晴らしさを勉強しました。

    桜並木にしても、駅前開発にしても、それぞれの意見があったでしょう。駅前を開発すれば誇れる東村山になるはずだと本気で思っている方もいるでしょう。それは認めたうえで、市が民意を聞かなかったことが問題視されました。
    そういう意味で、今回のことは今までとはなんら変らない体質だと思います。薄井さんや他議員が賛成であろうと反対であろうと、民意を問うべきだと声をあげて欲しかったし、今後、決まってから広報という、今までのやり方はして欲しくないです。
    もし、もう遅いのなら、きちんと「選挙で選ばれた市の代表者」全員から何故また民意を広く問わなかったのかの説明を聞きたいです。
    [ 2007/06/21 23:12 ] [ 編集 ]
    市民との新たな関係構築
    反対するなら今ですさんと、なすびさん、それぞれのお考えを読み、いろいろと考えさせられました。とても大切な議論だと感じました。

    > 議員や市議会は、「市側」とは明らかに一線を画して、あくまでも市民の立場から市の行政をチェックするのが第一義のはず。
     時には対立し、でもチェックを通して評価すべき点が見つかれば市民に伝え、市民と行政と税金の関係を有機化していく。

    >市長も、市民から選ばれ、信頼され委託を受けた存在です。
    だから、市長以下、ここで言われている「市側」も、もちろん当然、
    「市民の立場から市の行政を行う」はずです。
    市職員にも、もちろん当然に市民の利益ために働く義務があります。

    私は両者に賛同します。両者のご意見は私のなかでは矛盾しておりません。

    さらに、ななさんのお考えにも深く考えさせられました。市側と市民の関係を問うとき、市民をひとくくりにしてしまいがちですが、実はその市民は一枚岩であるとは限らない。もっと言えば市民同士が利害関係にあることの方が多いかもしれない。

    >そういう意味で、今回のことは今までとはなんら変らない体質だと思います。薄井さんや他議員が賛成であろうと反対であろうと、民意を問うべきだと声をあげて欲しかったし、今後、決まってから広報という、今までのやり方はして欲しくないです。

    民意を問うという点において、まさに正論だと思います。ただ、一点「今までと変わらない体質」かどうかについては、大きく変わってきているのではないか、と感じています。

    「もう、決まっていることだから、計画にはない、お金もないから買い取れない」と、ある意味、正論を掲げてきた市は、減点主義の正論に思えます。つまり、買わないことでなんら非難されることはない、根拠がある。」これがこれまでの市です。

    しかし、市は動きました。それは、市長によると「多くの皆さんから購入額の3分の1以上にあたる2000万円という額が寄附されることを重視したから」であると。つまり、市が勝手にやっている、あるいはやりたかった、のではなく、その逆で、市民の声に耳を傾け、現在の募金の金額に現れているその重さを真摯に受け止めたわけです。

    次に手続きという点ですが、緊急案件(転売の可能性がある)の処理としては、理にかなっているのではないかと考えています。反対を押し切って強引に物事を決めてしまおうという意図ではなく、市民の代表である各議員の真意をしっかりと見極めたうえで代表者会議を開き、さらに代表者会議の出席資格がない薄井議員や佐藤議員にもちゃんと礼を尽くして、合意を形成した。

    100点満点が理想ではありますが、減点主義の平均点ねらいではなく、市民との新たな関係構築を示したという点で、十分合格点ではないかと思っています。
    [ 2007/06/22 06:29 ] [ 編集 ]
    先ほどのリアルタイムで
    夕方のニュースリアルタイムで、業者と市民団体が対立という内容で報道していました。

    すでに工事に着手しているので、今やめると違約金が別にかかる。それをどうしてくれるんだみたいな内容でした。
    [ 2007/06/22 17:52 ] [ 編集 ]
    確かに手順に問題はあったかも
    ななさん、コメントありがとうございます。
    私は皆さんからのコメントを参考に、一般質問で「雑木林を公有地化するとなった場合、予算的に従来の緑地計画に変更をきたしますか?」と質問しました。変更があるようなら、それこそ本末転倒だと思ったからです。
    しかし、行政側の回答は「ない」ということでした。
    しかも今回、買い取るための財源は「緑地保全基金」からとのこと。つまりこの雑木林を公有地化することで、福祉関係その他に影響を与えることはないということです。

    ただ、ななさんのご指摘の通り、多くの市民はこのことを知らないかもしれません。すべての市民に伝えるのはむずかしいにしても、もっと多くの市民に早く正確に、「今、市ではこんなことが問題となっている」と伝えるシステムが必要だと思います。
    どうすればいいのか? ななさんをはじめ、皆さんのアイデアをお聞かせ願えないでしょうか? もちろん私も考えます。
    [ 2007/07/02 01:08 ] [ 編集 ]
    場当たり感は否めませんが…
    iinkaiさん、コメントありがとうございます。
    財源は「緑地保全基金」です。
    確かに場当たり的ですが、今回の判断はよかったと思います。きっと、いい前例になると私は思っています。
    [ 2007/07/02 01:11 ] [ 編集 ]
    アドバイスありがとうございます
    反対するなら今ですさん、コメントありがとうございます。
    ご指摘の通り、私は混乱していたようです。
    「市側」ではなく「行政側」とするべきでした。今後はそのようにさせていただきます。

    朝立ち、夕立ちはしていません。
    集会もしていません。
    ただ、活動報告ニュースは出そうと思っています。なかなか進まないのですが7月中には出したいと考えています。
    [ 2007/07/02 01:15 ] [ 編集 ]
    まだ力は及びません
    zenさん、お褒めのコメントありがとうございます。
    しかし、私はななさんの言葉を重く受け止めたいと思います。
    自分としては多くの人に知ってもらおうと努力したつもりですが、まだ足りないようです。
    今後も頑張りますのでよろしくお願いします。
    [ 2007/07/02 01:19 ] [ 編集 ]
    了解しました
    なすびさん、コメントありがとうございます。

    >議員としての立ち位置が示されるのも欠かせないことですが、私としては、市民が、マサさんを通して市や市議会の実容に少しでも近づき、市民自身が考え、意思を持てること(さらには動き出すこと)につながるような発信を望みたいところです。

    私の目指すところもそこにあります。1人でも多くの人が、私からの発信をキッカケに市政に関心を持ってくれたらと思っています。それが実現するよう、ブログだけでなく、いろんな媒体を使って発信していこうと思います。
    [ 2007/07/02 01:25 ] [ 編集 ]
    高評価、ありがとうございます
    カエルさん、コメントありがとうございます。

    >100点満点が理想ではありますが、減点主義の平均点ねらいではなく、市民との新たな関係構築を示したという点で、十分合格点ではないかと思っています。

    今回の件、皆さんのコメントを読んでいろいろと反省すべき点もあるなぁと思いつつ、私自身、「とりあえず合格点じゃないかなぁ」と思ってました。とはいえ、これで満足してはいけないワケで、課題は見えてきたので、今後は100点満点を追い求めて問題に当たっていきたいと思います。

    [ 2007/07/02 01:35 ] [ 編集 ]
    エッ、ホントですか
    ぽてめいさん、コメントありがとうございます。
    私が聞いている話とはかなり違うんですけど……確認するしかないですね。情報ありがとうございます。
    [ 2007/07/02 01:37 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    渕の森緑地取得交渉、暗礁…だそうです。
    昨日(3日)は東京河川改修促進連盟総会&大会なるものに八王子市民会館まで出かけてきました。大会の様子も私自身の感想も昨年と何ら変わりません。。議員や職員を動員して決起集会を年に一度催すという形、必要なんだろうか?とは思いますが…。帰り道、都市整備部長から
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。