好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    10/08のツイートまとめ

    masa44hm2

    蜂屋健次市議のフェイスブックの書き込みによると、東村山市の自民党市議団は2016年10月5日、渡部尚市長に予算要望書を提出したようだ。https://t.co/aLyrw1LV4dしかし、その予算要望書の全文については明らかにされていない。
    10-08 21:48

    小町明夫市議も土方桂市議もフェイスブックに「予算要望書を提出した」という書き込みはあるものの、全文紹介はナシ。小林美緒市議は提出したことにすら触れていない。フェイスブックアカウントはもっていないもののブログは書いている熊木敏己市議もこの件には全く触れていない。
    10-08 21:52

    フェイスブックなどのSNSもブログも全くやっていない石橋博市議と肥沼茂男市議はもちろん書いていない。誰も何も言わないけど、自民党市議団は毎年予算要望書の内容を公表していない。「提出しました」とフェイスブックで報告していることが進歩にすら見える。でもそれじゃあダメだよね。
    10-08 21:55

    私は市議に当選して2年間は1人会派で頑張っていたから、予算要望書を書いて提出するなんてこと、頭から考えたことがなかった。3年目から佐藤真和市議、大塚恵美子市議と会派を組んでから予算要望書を会派として提出したのだが、その全文はブログで公表している。
    10-08 21:58

    2009年に提出した会派の予算要望書はこちら。https://t.co/utxFuwPwwE2010年に提出した会派の予算要望書はこちら。https://t.co/qLBSsdHrc6
    10-08 22:00

    予算要望書に対しては、行政側から必ず予算特別委員会の前に回答書が届く。私はこれまで自民党市議団の予算要望書の中身を見たことがないが、当然ながらそれに対する回答書も見たことがない。自民党市議団が公表しないから当然だ。
    10-08 22:02

    私は買いはとしての予算要望書を公表した手前、当然ながらその回答も公表した。2009年の予算要望書に対する回答はこちら。https://t.co/lxtgPPKTIFhttps://t.co/W3shzGNAOC
    10-08 22:05

    2010年の予算要望書に対する回答はこちら。https://t.co/8bXq7Sqpk2https://t.co/IxvgWWSDWT「説明責任」って、こういうことなんじゃないかなと思う。今回は自民党市議団のことを書いたけど、これに関しては公明党も共産党も同じだ。
    10-08 22:07

    毎年、予算要望書を提出しているにもかかわらず、その内容を全文公表していない。そして回答も公表していない。こうことをキチンとやらないで、ただ単に「予算要望書を提出しました」と写真付きで書き込めばOKと思っている市議会議員が多すぎる。今一度、市民に対する説明責任の意味を考えて欲しいな
    10-08 22:10

    @kurokawashigeru その通りだと思います。「チェックしない市民が悪い」という人もいますが、市民は支持する政党会派が毎年、予算要望書を提出していることすら知らないのが現状だと思います。実はこの予算要望書とその回答の公表は、議員意識改革の突破口になると私は考えています。
    10-08 22:38


    予算要望書を会派で作成する作業は実に刺激的だった。だからこそ私は「多くの人に知ってもらいたい」と思い、ブログに全文を公表したワケだ。東村山市の自民党会派議員が要望書の全文を公表しないのは、作成にあまり関わってないからではないだろうか? これはほかの政党会派にも言えるかもしれない。
    10-08 22:41

    会派として全員が苦労して作成した予算要望書だからこそ、行政側からの回答も「伝えなきゃ」と思い、私は掲載した。「説明責任」とは違う何かが、私を突き動かしていたと思う。青臭い、恥ずかしい表現で言えば「市政への情熱」がそうさせたと思う。そういうモノ、自民党市議団にはないのかな?
    10-08 22:45

    まあ、別に情熱なんかなくてもいい。市民への説明責任という、議会基本条例でも定めてあるその1点を満たすためにも予算要望書の全文公表と回答の公表はやるべきだと私は思うな。これは自民党市議団に限らず、予算要望書を提出した会派すべてに対してそう思う。
    10-08 22:47

    関連記事
    [ 2016/10/09 04:06 ] 【個人関連】 過去のつぶやき | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。