好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    01/31のツイートまとめ

    masa44hm2


    フェイスブックに「東村山グルメ日記」というページをつくりました。https://t.co/VFWnsIPY0Qフェイスブックのアカウントを持っている人で、東村山市内の飲食店に関心のある人はぜひ「いいね!」をポチッと押してください。東村山のグルメ情報をお届けします。
    01-31 20:31



    「東村山グルメ日記」のフェイスブックページをつくったら、「好きになろうよ!東村山」のフェイスブックページはつくらないの?と思う人がいるかもしれない。つくってもいいけど、今はタイミングが悪いかな。誤解する人が増えて、私自身が嫌な思いをしそうだから。
    01-31 20:38



    先日も地域公共交通会議を傍聴しに行った際、その場にいた小町明夫議員から「薄井さん、次(4月の選挙)は出ないの?」と聞かれたんだよね。私は一貫して「出ない」と、機会あるごとに言ってるんだけど、最近になってまたよく聞かれるようになった。まあ、最近よくつぶやいているからかもしれない。
    01-31 20:41



    もし最近、つぶやきが多くなったり、ブログ記事をアップしていることが原因で「次の選挙に出るかも」なんて思われているとしたら、このタイミングで「好きになろうよ!東村山」のフェイスブックページをつくったら、何を言われるか、わかったモノじゃない(笑)。
    01-31 20:43



    しかし、他人事だから言うけど、今度の東村山市議会議員選挙は大変だろうな。定数24に対して、自民党は10人、公明党は6人、共産党は4人、民主党は2人、草の根市民クラブは2人、生活者ネットワークは2人、候補者を立てるとみられている。この時点ですでに26人だ。
    01-31 20:48



    さらに現職の島崎よう子議員、佐藤真和議員、赤羽洋昌議員、三浦浩寿議員の4人もおそらく出るだろう。これで30人だ。さらに聞くところによると、前回選挙で落選した元議員も2人ほど出るらしい。これで32人。そしてこのほかに「東村山をよくしたい」という思いから立候補する新人もいるだろう。
    01-31 20:52



    前回の市議会議員選挙の立候補者が33人だったから、今回はそれ以上の激戦になる可能性が高い。前回、8人の当選者を出した自民党が10人の候補者を出そうとしているのは、4月の選挙の投票率を低いと想定し、組織票をうまく振り分ければ10人くらい当選するのでは、という傲慢な考えからだ。
    01-31 20:58



    確かに2014年12月に行われた衆議院議員選挙の投票率を考えれば、4月の東村山市議会議員選挙の投票率が低くなりそうということは容易に想像できる。自民党の立てる候補者がすべて、市政に精通した優秀な人であれば問題ないが、実際はそうではない。それでも「自民党」だから当選してしまう。
    01-31 21:05



    そんなことでいいのだろうか? 私はもう選挙には出ないので、候補者の大変さについては他人事だが、一市民として言わせてもらえば、今度の市議会議員選挙は「市民のレベル」が問われる選挙だと思う。一度、政党の肩書きを外して、その人物をよく見て欲しい。何ができるのか、見極めて欲しい。
    01-31 21:08



    人の良さとか、性格の良さではなく、教育・まちづくり・緑・ごみ……さまざまな市政の課題の何が得意なのか、何について頑張ってくれそうなのか、よく見極めて欲しい。「この人、ご近所だから」とか「友だちに頼まれちゃったから」というのもナシ。本当に仕事のできる、できそうな人を選んで欲しい。
    01-31 21:13








    関連記事
    [ 2015/02/01 03:15 ] 【個人関連】 過去のつぶやき | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。