好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    審議会など各種会議の委員について その1

     私は2010年12月議会の一般質問で、審議会など各種会議の会議録のあり方と委員について聞いたことがある(詳しくはこちらの記事を参照)。
     この答弁の中で、2010年11月時点での各種会議の委員の状況が明らかになった。箇条書きにすると次のようになる。


    *審議会など各種会議の委員の総定数……538人

    *在籍期間が10年以上の委員……32人(全体の5.94%)

    *70歳以上の委員……83人(全体の15.42%)



     東村山市には「東村山市附属機関等の設置及び運営に関する要綱」というモノがあり、この第6条で委員について次のように定めている。


    第6条 附属機関等の委員又は構成員(以下「委員等」という。)の選任は、次に掲げる基準により行うものとする。

    (1)附属機関等の運営を一層市民に開かれたものとし、幅広く市民の意見を反映させていくために、委員等の公募制をこれまで以上に積極的に導入すること。

    (2)市職員は、特に必要がある場合を除き、委員等としないこと。

    (3)市議会議員は、法令に定めがあるなど特に必要がある場合を除き、委員等に選任しないこと。

    (4)委員等の登用については、東村山市男女共同参画基本計画に基づき男女のいずれか一方の委員の数が、登用目標比率30%未満にならないように努めること。

    (5)委員等の年齢については、委員等がその職責を十分果たし得るよう考慮すること。この場合、満70歳を一定の目安とする。

    (6)幅広い人材の登用を図るため、委員等の在任期間は、その就任時から通算して10年を超えないものとする。ただし、専門の知識を有するなど特別の事由がある場合は、この限りでない。

    (7)委員等が他の附属機関等の委員等を兼ねることができる件数は、5件以内とする



     何のためにこういう条文があるのか? それは偏った意見を排し、各種会議での議論を活性化させるためではないのか? それなのに「在籍期間が10年以上の委員」がこの当時、32人も存在していた。「70歳以上の委員」については83人だ。
     このことはその後、改善されたのだろうか? そんな疑問を抱いた私は2013年9月18日に「審議会などの附属機関の委員について」と題して「市長へのEメール」で聞いてみた。質問内容は次の通り。


     審議会などの附属機関の委員について、いくつかお伺いします。


    1.在任期間が10年以上の委員は何人いますか? またそれは全体の何%ですか?

    2.70歳以上の委員は何人いますか? またそれは全体の何%ですか?

    3.3つ以上の附属機関を兼任している委員は何人いますか? また、その中で最も兼任数の多い人は、いくつの附属機関を兼任していますか?

    4.女性委員の比率が30%以下の附属機関はいくつありますか? またそれは全体の何%ですか?

    5.女性委員の比率が10%以下の附属機関がもしあれば、その附属機関を教えてください。


     以上、よろしくお願いします。



     2010年の一般質問から約3年後、各種会議の委員の状況はどうなったのだろうか?
     長くなったので、回答は次回にということで。








    関連記事
    [ 2014/02/03 15:21 ] 【市政全般】 審議会問題 | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。