好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    10/07のツイートまとめ

    masa44hm2


    いろんな団体があって、いろんなイベントがあるもんだね。http://t.co/ZJSCMsl7sR
    10-07 10:31



    そろそろこういう講座が気になったりして。http://t.co/AlQeXCzCcu
    10-07 10:32



    仕事明けで眠くて仕方ないのに、続きが読みたくて読みたくて、ついに読み切ってしまった。その本は中央図書館で偶然見つけた「ハコモノは変えられる!」(吉成信夫著)。強引に例えるなら、これは小説「県庁おもてなし課」のリアル版だ。子どもの施策に関わるすべての職員に読んで欲しい1冊。
    10-07 13:07



    「ハコモノは変えられる!」のサブタイトルは「子どものための公共施設改革」。本当に超オススメ。もう目からウロコがボロボロ取れまくります。http://t.co/mc4nFR2rD7
    10-07 13:12



    「ハコモノは変えられる!」の内容は、58億円もの巨費を投じて建設される岩手県立児童館の館長にならないかと、著者が知事から声をかけられるところから始まる。どういう建物か行ってみると、完全なるハコモノ。この施設で子どもたちが心を開いて遊べるワケがない。だが著者は悩んだ末、引き受ける。
    10-07 13:49



    建物は仕方がない。だけどソフトを徹底的に変えると決めた著者。オープンまであと9カ月という段階からコンセプトの見直し、プレーリーダーの育成、個々の遊び場の創造などなど、時間がない中でやり遂げ、そしてオープン……ここまでが前半。後半はオープン後に見えてきた課題の取り組み。
    10-07 13:54



    バラバラだった県内の児童館を結びつけようとする動きをする中、新たに見出だした児童館の役割。著者が仲間とともに創造した児童館のポリシーやソフトは「県立児童館」というハコモノを超えて広がりをみせていくところで終わる。変な表現だけど、もうワクワクしながら読んだよ。
    10-07 13:59



    話そのものは、児童館という子ども施設のことだけど、この「ハコモノは変えられる!」は、「今の行政に何が欠けているのか、何が必要なのか」を教えてくれる。そして悲しいかな、強力なトップダウンがないと変わっていかないという現実も教えてくれる。ホント、勉強になる1冊だよ。
    10-07 14:07



    何だかよくわからないなぁ。「じけんのもり」のツイッター( @jinkennomori )とサイト( http://t.co/QYYpgZLkjC )が、多磨全生園入所者自治会が運営主体ということは、先日わかって納得した。で、今日の「新着情報」を見ると…(続く)
    10-07 15:23



    (続き)「じんけんのもりグッズの販売を開始します。」という項目が掲載されている。http://t.co/PTSL1UJaSUシンボルマークをあしらったピンバッチとバンダナを市の情報コーナーで販売するというんだけど、どうやら製作主体は東村山市みたいなんだよね。(続く)
    10-07 15:25



    (続き)「売り上げは、人権の森構想推進基金に充てるものになります」と書いてあるけど、これってて、サイトをつくっている入所者自治会や、多磨全生園もしくは国立ハンセン病資料館が製作して市に委託販売してもらうというスタイルの方がお金の流れがスッキリすると思うんだけどなぁ。(続く)
    10-07 15:31



    (続き)市の情報コーナーだけでの販売ってのもよくわからないし、「在庫に限りがございますので、なくなり次第販売終了となります」というのも「なぜ?」という感じ。11月3日には全生園で「秋の緑の祭典」が行われるのだから、そこでも販売すればいいのに。(続く)
    10-07 15:35



    (続き)何よりよくわからないのが、このグッズ販売のことが「じんけんのもり」のサイトにも、ツイッターにも出てないってこと。市の独自事業ってことなのかな? でもさ、担当している経営政策部企画政策課の平成25年の目標管理シートを見ると、グッズ製作はないんだよなぁ。(続く)
    10-07 15:42



    (続き)ちなみにこれが平成25年度の各部各課の目標管理シート。http://t.co/4UCJi1tq0Uなかなか面白いよ。まあそれはともかく、ここにあるのは「人権教育の教材として活用でき、人権の森構想の普及啓発となるDVDを制作する」なんだけど、これはどうなったの?(続く)
    10-07 15:45



    (続き)いいことをやっているんだから、主体をもっと明確にした方がいいと思うんだけど、どうして疑問の余地をつくっちゃうんだろう? 不思議だ。(了)
    10-07 15:47



    自分で書いた文章を読み返して、ちょっと言いたかったことを間違えたかも。「主体をもっと明確に」というのは、「ちゃんと多磨全生園や入所者自治会の人たちとガッチリとスクラム組んで一緒にやってますよ」という姿勢を打ち出して欲しいという意味なんだよね。
    10-07 16:00






    関連記事
    [ 2013/10/08 03:15 ] 【個人関連】 過去のつぶやき | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。