好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    09/29のツイートまとめ

    masa44hm2


    今、気が付いたんだけど、「じんけんのもり」( @jinkennomori )というアカウントがあるんだね。2013年3月21日からつぶやいている。フォロワー数は2013年9月29日現在、48人と少ないが、興味深いのは、70人もフォローしていることと、リツイートをしていることだ。
    09-29 14:54



    現在、東村山市には「東京都東村山市」( @saitai_hm_tokyo )と「東村山市議会」( @hm_city_gikai )という2つのアカウントがあり、それぞれに「運用ポリシー」を定めている。どちらも「原則としてフォロー(登録)やリツイート(転送)は行いません」という方針
    09-29 15:00



    だから「じんけんのもり」というアカウント、一体どこが設定し、発信しているのか、ちょっと疑問に思ってしまった。ということで、まずは市のホームページで検索。すると「じんけんの森ポスター及びリーフレットを制作しました」というページを発見。http://t.co/0p3DsA3L49
    09-29 15:03



    この「じんけんの森ポスター及びリーフレットを制作しました」のページの一番下に「じんけんのもりWEBサイトの開設」という項目があった。そこで紹介されているのが、このサイト。http://t.co/QYYpgZLkjC
    09-29 15:04



    クリックすると、シンボルマークと「じんけんのもり」と書かれたトップページが登場し、その下にあの「じんけんのもり」アカウントのツイッターが表示されている。ということは、このサイトがアカウントを設定し、サイト管理者がつぶやいているということだ。では、このサイト管理者は誰なんだ?
    09-29 15:07



    「じんけんのもり」というサイトのどのページを見ても、管理者は明らかにされていない。「about us」という項目を見ても、「人権の森」構想といのちとこころの人権の森宣言が紹介されているだけだ。http://t.co/feeaYgLT2Y
    09-29 15:10



    再び市のホームページに戻り、「じんけんのもりWEBサイトの開設」の項目にある説明を読んでみると……。「じんけんのもりポスターの制作と併せて、じんけんのもりWEBサイトが開設されました。多磨全生園の情報発信や園内のみどり豊かな写真がアップされていますので、是非ご覧ください。」
    09-29 15:12



    「じんけんのもりポスターの制作と併せて、じんけんのもりWEBサイトが開設されました」という表現からすると、市が開設したものではないようだ。では、誰が開設したのか? この「人権の森」構想には、NPO法人東村山活き生きまちづくりが関わっているから、このNPO法人が開設したのか?
    09-29 15:17



    どうも腑に落ちない。せっかくいいサイトなのだから、管理者を明確にするべきではないだろうか? 東村山市が支援なり後援しているなら、そのように明記するべきだし、どうもよくわからないなぁ。
    09-29 15:23



    「じんけんのもり」サイトのトップページの一番下には、東村山市のホームページと国立ハンセン病資料館のサイトがリンクされているから、この2つが共同開設したとも取れる。それならそれで説明の書きようがあると思うんだけどなぁ。よくわからないサイトであり、ツイッターのアカウントだ。
    09-29 15:25








    関連記事
    [ 2013/09/30 03:16 ] 【個人関連】 過去のつぶやき | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?