好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    不祥事への対応

     すでに新聞の報道などでご存知だと思うが、市民課のN主任(40)が約750万円を横領していたことが2008年2月1日、渡部尚市長から発表された。市民の信頼を裏切る、あってはならない不祥事。どのように発覚し、行政側はどのように対応したのだろうか?

     2月1日午後5時30分から渡部市長は事件についての記者会見を行ったのだが、それに先立って私のもとに「事件概要」と題したA4の紙が配布された。それに基づき、新聞報道の情報を加えながら事件の経過を説明すると――。

    【事件発覚の発端】
     2007年12月上旬、N主任について「借金があるのでは?」「サラ金に手を出しているのでは?」との噂話があり、これを耳にした市民課長の指示で市民課内にあるレジスターの調査を開始。

    【調査】
     2007年12月16日から2008年1月7日にかけて、2007年4月から2007年12月分のレジスターのジャーナル(発行記録)を調査。その結果、2007年6月1日から12月17日までの期間のうちの117日間、N主任がレジを担当している時間に不明金が発生していることがわかった。不明金の総額は754万4550円。

    【事情聴取】
     調査結果に基づき、2008年1月9日にN主任の事情聴取を実施。N主任はレジスターから公金を横領した事実を認めた。
     さらに詳細に調べるため、1月16日に2回目の事情聴取を実施。住民票や戸籍謄本の写し、印鑑証明の発行などの手数料を1日2万~9万円抜き取っていた。手口としては1日の売上を上司に報告する前に、手数料を市民に払い戻したようにレジ操作をし、現金を抜き取っていたという。
     また、横領していたお金は交際していた女性に渡していたという。

    【横領金の返済】
     2008年1月16日、N主任とその両親からの申し出により、横領金754万4550円が返済された。利息については、警察および監査委員会において金額を確定させ、請求する。

    【告発】
     2008年1月21日、業務上横領として東村山警察署に告発した。

    【処分】
     2008年2月1日付でN主任は懲戒免職。また同日付で市民部長、市民部次長は指導監督不適正で20%減給1カ月、市民部課長は10%減給3カ月、市民部課長補佐は指導不適正で10%減給1カ月、市民部係長は指導不適正(職務怠慢)で10%減給1カ月の処分が発表された。加えて渡部市長と収入役も監督責任をとって20%減給1カ月を申し出ている。



     以上の経過で、2月1日の記者発表に至ったワケだ。この経過を見て「事情聴取で横領を認めた時点で発表すべきだ」と思った人もいるだろう。
     しかし、2月2日の毎日新聞朝刊の記事にあるように、1万円の払い戻しとしても住民票(1通300円)に換算すると、約33通分になる。これだけ多数のレジの打ち間違いや払い戻しはあり得ない。
     本当にN主任の横領に他の職員は気づかなかったのか、それとも共犯者がいたのか?……これは重要なことだと思う。N主任が横領を認めたから発表するというのは簡単だ。でもそのあと、五月雨的に共犯者が発覚したら市役所の信用は完全に地に落ちてしまう。だから徹底的に調べて、「共犯者はなく、N主任の横領に他の職員は気づかなかった」ことを確認してから発表したのだろう。

     私は今回の発表のタイミングそのものは、決して早いとは言わないが、「遅すぎる」とも思わない。とかく隠しがちの実名も公表しているし、横領金が返済されてもキチンと警察へ告発している。極めて普通の対応をしている。この「普通の対応」というモノを行政側はなかなかしてくれないから、私はここまでは「まずまずの対応」と思っている。

     2月13日午前10時から臨時会が開かれるのだが、この件に関して行政側から経過と今後の対応策などが報告されるモノと思われる。対応の評価が決まるのはここだろう。事件を教訓に実効性のある対応策を考え出して欲しいと思う。






    関連記事
    [ 2008/02/02 15:30 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(1) | CM(4)
    市携帯サイトにはこの件未掲載です
    事件に対する感想は、他市議ブログに書いたので控えます。

    事件と各処分は、バソコンの市公式HPには記載されてますが、携帯サイトには一切有りませんね。
    各HPの用途を「別物」と考えてるやも知れませんが、ユビキタス時代には負情報ほど、両サイトとも平等に掲載して欲しく願います。
    [ 2008/02/03 17:18 ] [ 編集 ]
    不思議な市職員
    詳細に説明、記述されたので、経過良くわかりました。
    職員に共犯者が絶対いると確信していたのですが。
    東村山市の職員のイメージで、見てみぬ振り(やる気がなし)をしていたと思いました。
    12年前に横領事件があり、そのとき反省し、2度と起さない対策を練った筈です。
    それがまったく生かされていないのですから驚きです。
    どんな対策を採ろうが、守ろうとしません。又、起こるに違いありません。
    [ 2008/02/03 20:26 ] [ 編集 ]
    たまこさんへ
    コメントありがとうございます。

    >事件と各処分は、バソコンの市公式HPには記載されてますが、携帯サイトには一切有りませんね。

    それは気づきませんでした。広く市民に対して謝罪する意思があるなら、携帯サイトの方にも掲載すべきですね。どうしてこういう対応なのか聞いてみます。

    [ 2008/02/05 17:00 ] [ 編集 ]
    富士見公園さんへ
    コメントありがとうございます。
    共犯者については、私も「本当にいないの?」と少し疑問に思っています。いないとすれば、ご指摘の通り、見て見ぬふりをしていた可能性は高いと思います。

    >どんな対策を採ろうが、守ろうとしません。又、起こるに違いありません。

    私も正直な思いを言えば、そういう気がしています。でも決め付けずに、これから行政側が出してくるであろう対応策を検討していきたいと思います。決め付けて諦めてしまったら、前に進みませんから。

    [ 2008/02/05 17:05 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    [内部統制]自治体にも内部統制を導入すればいい。
    http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/blog-entry-236.html 8ヶ月で750万円って、レジのお金をちょろまかして盗むにしては、結構な額だな~。 ちょっと調べてみたら、東村山市の年間の予算て781億円もあるらしい。これが企業なら当然、上場企業ですよ。 うちの会社に財務状
    [2008/02/03 02:48] ゆうごのブログ
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?