好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    代名詞と言われても困る

     2008年1月23日午後3時、東京地裁八王子支部で、「矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願」を名誉毀損とする民事裁判の第3回口頭弁論が行われた。裁判そのものは前回よりさらに短い、わずか4分で終了。取り立てて報告すべきことはないのだが、裁判終了後、私は朝木直子議員にあるお願いを申し出た――。


     そのお願いとは、実に簡単明瞭なことだ。
     朝木議員は私が以前、勤めていた会社のネットTVに出演し、そこで話したことがセクハラであるとして2007年5月25日に「人権侵害等申出書」を提出。「東村山市民新聞」という政治ビラや同名のサイトにおいて、私のことを「セクハラ市議」などと侮辱的な表記をしていた。この時点で名誉毀損は成立すると思うが、私は「人権侵害等申出書」の結論が出からにしようと考え、朝木議員そしてお仲間である矢野穂積議員の攻撃を無視していた。

     2007年12月27日、ようやく「東村山市男女共同参画苦情等申出調査処理結果通知書」が出され、晴れて私の行為はセクハラに当たらないと認定され、私はこのブログ上において

    サイト内で使われている「薄井セクハラ支持」だとか「東村山市条例に違反」だとかの間違った表現はもちろんのこと、セクハラの証拠として引用している「マンゾクTV」での発言内容も即刻削除していただきたい

    と書いた。間違いなく矢野議員も朝木議員もこのブログをチェックしているハズなのだが、その後まったく削除の形跡がないので、2008年1月23日の裁判終了後に私は朝木議員を呼びとめ、

    「もう結論が出たんだから、サイト内での『セクハラ市議』などの表現は削除してくださいね」

    とお願いした。すると朝木議員は

    「どうして?」

    と返事。後ろから矢野議員が

    「その問題はこれからまだある」

    とひと言。
    「これから」って何? 人権侵害を申し出たのはあなた方であり、その結果が出たのだから甘んじて受けるべきではないのか? 
     さらに矢野議員は2008年1月23日午後3時14分、法廷を出た廊下で私に対してこう言った。

    「『セクハラ市議』はあなたの代名詞」

     事実と違うことを代名詞と言われても困る。事実として矢野議員は住んでいる団地の管理費を滞納しているワケだから、「管理費滞納市議」と言われても仕方ないと思う。しかし私はセクハラしていないのだから、ぜひともサイトから関連する表現は削除していただきたい。


     それにしてもと思うのは、どうしてこんな簡単な話が通じないのか? 私の要求はごくごく当たり前のことだと思うのですが、どうでしょうか? しかるべき対応をしないとダメなんでしょうかね。





    関連記事
    いやーしかるべき措置をしてもいたちごっこの様な気がします
    議員じゃなければ
    もしくは正しい情報を市民に伝えれば良いかもしれません
    [ 2008/01/25 00:11 ] [ 編集 ]
    ピカチュウさんへ
    コメントありがとうございます。
    もちろん、これからもっともっと正しい情報を発信しようと思っています。
    頑張ります。
    [ 2008/01/25 17:55 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。56歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。