好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    請願人の思いをわかってください

     今回、名誉毀損で訴えられる原因ともなった「矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願」。請願のタイトルを見ただけで、「今まで薄井議員に出されていた辞職勧告を求める請願に対抗するために出したモノね」と思う人がいるかもしれない。私が紹介議員となっているから、なおさらそう思うかもしれない。
     でも、違うんです。そんな安っぽい思いで出したモノではないんです。多くの普通の人たちが、悩みに悩んで出した請願なんです。そのことをぜひ知って欲しいと思います。

     2007年9月20日に開かれる議会運営委員会での審査のためにと、請願人は9月18日、資料を提出した。その中に「私たちが請願にいたった経過について」と題した一文がある。今回はそれを紹介しようと思う。


    冠省
     このたび本請願を提出するまでに、私たちの間でいろいろな議論を重ねてまいりました。被害を受けた者の中でも「議員の身分にかかる事柄は4年後の選挙で民意を問うべき」との意見もあり、それも正論であろうかと思います。反面、精神的なダメージや肉体的変調をきたすなどの実態も明らかになり、「4年後まで待てない」との意見も多く出されました。
     その話し合いの中で、最初に私達が提出しようとした請願は「東村山市民新聞の中の一般市民に対する誹謗中傷やレッテル張りをやめてもらう」為に、「記事の削除と謝罪」を求めるものでした。
     しかし、いろいろな方に相談に乗っていただく中で「議会の外で行われている誹謗中傷等に関する請願では、議会の場で論議していただけないのではないか?」との危惧が生まれ、結果として「議会で議論していただくためには、辞職を求める請願として提出すべき」との判断をいたしたところです。

     この判断に対し、請願を支持くださっている方々の中にも、「(請願紹介議員)薄井・佐藤市議VS草の根会派という構図で泥仕合扱いされてしまうのではないか。」「6月議会に(薄井市議)辞職勧告の請願が出されたから、仕返しに出し返すという風に見られてしまうのではないか。」との意見もあります。
     しかしながら経過を見ていただければわかる通り、請願書を提出した動機は決してそのようなものではありません。本質的には辞職を求めるだけの根拠を十分に包括していると私達は考えています。請願書をお読みいただきたいと思いますが、以下要点を申し述べます。

     草の根市民クラブ(のHP・機関紙)が、自分達に批判的な市民のいろいろな意見を拾い集めてレッテルを貼り、言論の自由を圧迫していることは「民主主義の根幹に関わる事である」との認識が私達にはあります。それが「市民のためにある公人」によって行われているならば、市議としての適格性に大きな疑問を抱かざるを得ません。
     また矢野・朝木両議員は、「風営法」という法律を無視する形で「性風俗はすべて違法である」との身勝手な解釈によって、合法的にその職業に携わっている何十万人の人々を差別し貶めてきました。そしてその事を指摘されると「売春肯定論者」などと一般市民の言論にレッテルを張り、言論を封じようとする事を繰り返しています。
     私達は、その事を「職業差別」であるとともに、「言論の自由」さえも否定しようとする非民主主義的行為だと考えています。この2点は、決して小さな問題ではありません。特に言論の自由は憲法で保障されている基本的人権であり、公人たる市議には憲法を尊重・擁護する義務がある(第99条)ことを考えれば、なおのことです。

     私たちはこの請願をひとつのきっかけにして、自由にもの言える東村山にしていきたいと強く願っています。また、一人でも多くの市民のみなさんに、草の根市民クラブの本質を知っていただきたいと思っています。今回の請願で辞職に至らなくても、4年後の市議会議員選挙で判断していただく為、矢野・朝木両市議の本質を伝える継続的なあらゆる取り組みを支持していきたいと考えています。

     なお、請願人及び賛同人は、今回の事態を看過できないことととらえ、自主的・積極的に参加した事を明確に表明しておきます。追加の署名者も続々と名乗りを上げていただいており、大変勇気づけられています。
     請願審査にあたりましては、ぜひ私どもの真意をおくみとりいただき、積極的にご議論いただけますよう切にお願い申し上げる次第です。
     ご理解とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
                      謹白

    平成19年9月18日



     まだ請願文を読んでいない人、またすでに読んだ人も、この一文を読んだ後にもう一度、「矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願」を読んでみて欲しい。請願文だけでは、ネット上でどういうやり取りがあったかわからないと思うので、請願人グループが管理しているブログ「矢野・朝木市議(東村山市)に対する辞職勧告請願の経緯」の中にある資料をリンクするので、参考にして欲しい。

    *【資料】補足・1 「性風俗支持者」呼ばわりの出典元
    *【資料】補足・2 「殺害予告投稿」の責任を追及する!の出典元
    *【資料】補足・3 「ネット政治集団」を追及する!の出典元(一部)
    *【資料】補足・4 「ネット政治集団」追求 及び「ネット政治集団リスト」の出典元






    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。