好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「コミュニティ・ゾーン」って何?

     先日、江戸街道を東大和市方面に向かって歩いていた時のこと。富士見町でこんな道路標識を見つけた。

    ハクセキレイの絵の下に「コミュニティ・ゾーン」と書いてある

    「コミュニティ・ゾーン」って何だろう? 東村山市の鳥であるハクセキレイの絵が描いてあるということは、ハクセキレイの保護区なの? でも周りはどう見ても住宅街なんだよね。
     あと、ちょっと疑問に思ったのは速度標識。住宅街に入って行く道の制限速度ということなんだろうけど、どう見ても狭くて細く、子どもが飛び出しそうな道路だ。30キロはこの道路を走るには速くないか? 20キロ制限にするべきじゃないのかなぁ。

     まあ、そんなこんなで気になったので、家に戻ったら市のホームページで「コミュニティ・ゾーン」を調べてみた。
     もともとの出典は2000年7月に策定された「東村山市都市計画マスタープラン」なんだね。この中の「住宅・住環境形成まちづくりの方針」の2番目に「良好で安全な住環境の創出」という項目があり、さらにその中の3つの項目の1つ「公害のない住宅地づくりを行います」に、次のように書かれている。


    通過交通進入がなく歩行者が安心して歩ける住宅地(=コミュニティゾーン)の形成のため、自動車の進入規制や一方通行化、駐車場の計画的配置などを総合的に進めていきます。


     つまり、「コミュニティ・ゾーン」とは、「通過交通進入がなく歩行者が安心して歩ける住宅地」を意味するようだ。でも、そうであるなら、あの標識はおかしくないか?
     速度標識の下に「コミュニティ・ゾーン」の標識があるワケだけど、速度標識があるってことは、車が通ることが前提であり、車は30キロの速度を超えなければ通っていいってことなんだよね。「通過交通進入がなく」という前提が最初から崩れている。それでどうして「コミュニティ・ゾーン」と言えるのだろうか? しかもハクセキレイの絵が大きくて、ドライバーにしてみれば「コミュニティ・ゾーン」の文字は読めない、というか目がいかないと思うなぁ。標識としての意味をなしてないと思うんだけど……。

     この不思議な「コミュニティ・ゾーン」という標識、誰も疑問に思わないのかなぁ……と思って調べたら、2013年12月の市議会定例会の一般質問で佐藤真和議員が聞いていた。以下がそのやりとりだ。


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    ○佐藤議員 富士見町のコミュニティーゾーンの安全対策ですが、設けられた経緯とその後の状況について、概略を伺います。

    ○都市環境部長 コミュニティーゾーンにつきましては、御案内のとおり、建設省、警視庁により、居住系の地区を中心とした地域を面的に、歩行者優先を第一に、安全性、快適性、利便性の向上を図ることを目的に、道路管理者による道路構造の改良や、交通管理者による交通規制の組み合わせにより通過交通を抑制し、安全で快適な住環境をつくるための総合的な交通対策でございます。
     当市におきましても、平成11年度から13年度に富士見町3丁目から5丁目地区において指定されたところでございます。指定後に行った検証では、地域の住民の方にアンケートを行い、「非常に評価している」「おおむね評価している」が8割程度でございました。その一方で、速度の低下、交通量減少については以前と変わらないといった御意見もいただいております。


    ○佐藤議員 そういう意味で、最近の状況はどうかということで伺います。見に行ってもなかなか目的が達せられているとは思えない状況で、近隣の方は大変怖がっているし、そもそもこの設定がどうだったかという話があったと、私、最近知りましたけれども、ただ、目的を持って設定した以上は、どうなっているのかということで御説明いただきたいと思います。

    ○都市環境部長 最近の状況でございますけれども、一部のドライバーによりスピードの超過が依然として見受けられる状況であります。また、事故の発生につきましては、富士見町3丁目、5丁目地区において、過去3年間において、いずれも軽傷ではありますけれども、追突や出会い頭等の接触事故が8件発生していると警察から伺っております。
     これまでも住民の方々より車両のスピード超過について改善要望をいただいておりますので、東村山警察と連携し、速度規制の強化や路面標示、看板の設置、横断歩道標識設置等の安全対策について検討してまいりたいと考えております。


    ○佐藤議員 対応いただいているところもあるんですよね。横断歩道の前後にマークを入れていただいて、ここが横断歩道だということを示すような標示がされて、数カ月たつと思います。効果が全くないとは言わないんだけれども、根本的な対策になっていないと思っているところです。
     それで、今後どうしていきたいのかということもあるんですけれども、看板はどんなものがついているか、行かないと、行って初めて、これかと。セキレイの小さな看板がコミュニティーゾーンと上についているんですよね。あれがそういうゾーンだと知っている人は多分ほとんど、首を振っていらっしゃる方が多いけれども、多分、議員でもほとんどいないんじゃないかと思うんです。つまり、コミュニティーゾーンというのは何ですかという状態にあそこはなっているんですよね。
     なので、昔、ハンプをつくって苦情が来たりとか、いろいろありました。さっき、ちょっとバイブララインの話を出しましたが、何か道路を絞り込んでバイブララインを引いてみるとか、今やっていただいていることもあるんだけれども、もう少し打てる手がないか。目的、趣旨を変えないのであれば、もう少し対策が打てるのではないかと思いますので、看板の明示も含めて、対策について伺いたいと思います。

    ○都市環境部長 自動車の速度が30キロを超えると、追突の死亡率が急激に上がるというお話もありますので、何らかの対策が必要だと考えてございます。一番対策が必要なのは、ドライバーの方のモラルなんだろうと思います。そのモラルの向上策というのはなかなか難しい話でございますので、例えば、運転者から守る方法を何らか考えていかなければいけないとは考えておりますけれども、現時点では通常行っている標識等の対策しかとれていない。有効な手段がなかなか見出せていないという状況でございますので、速度規制等、東村山警察とも密に連携をとりまして、今後の対策をさらに検討してまいりたいと考えております。

    ○佐藤議員 抜け道になっちゃっているところもあるので、なかなか難しいんだろうと思いますが、ぜひよろしくお願いします。


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


     このやり取りを見ると、どうやら「コミュニティ・ゾーン」は国土交通省が提唱しているモノらしい。調べてみると……ありましたよ。

    「コミュニティ・ゾーン形成事業~住む人、歩く人、みんなが安心~」

     見ると、いろんな手法がある。東村山市の場合はバンプを取り入れたようだが(今は撤去しているらしい)、その他に「路側帯のカラー舗装」、車が減速するように「クランク」や「狭さく部分」を設置するなどの方法が挙げられている。
     そして「どのようにしてコミュニティ・ゾーンをつくるのか?」という説明があり、次の3つのステップが挙げられている。


    STEP1 まず、みなさまのご要望をうかがいます。

    STEP2 次に地域のみなさまと行政とで対策を提案します。

    STEP3 そして十分な意見の調整をはかります。



     当たり前の手法だけど、富士見町の「コミュニティ・ゾーン」の場合、この3つのSTEPがあったかどうか、とても疑問だ。行政側が一部の意見だけを聞いて、「ハイハイ、わかりました。こうすればいいでしょ」と、およそ「提案」と言うには程遠い形で「コミュニティ・ゾーン」を設置したのではないだろうか? 住民の意見を十分に聞いていないからこそ、バンプをつくったあと、「通行する車がうるさい」という苦情が相次ぎ、バンプを撤去することになったのだろう。

     国土交通省の「コミュニティ・ゾーン形成事業~住む人、歩く人、みんなが安心~」の最後には「コミュニティ・ゾーン形成事業の流れ」が図で示されている(詳しくはこちら)。
     これによると、「事業実施」のあと、「効果測定」があり、そこで「効果あり」となれば「事業完了」となる。もし「効果測定」の結果、「要改善」となれば、「計画案の策定」に戻ると示されている。東村山市はまず「効果測定」をキチンとやり、「要改善」は明らかなのだから、「計画案の策定」に戻るべきだろう。その際に地区集会などを開いて住民との合意形成が必要なのは言うまでもない。ぜひやって欲しい、というか、やらなきゃダメでしょ。


     最後に1つ。「コミュニティ・ゾーン」は全国で設置されている。そして多くは「コミュニティ・ゾーン」ではなく、何らかの名称・愛称をつけている。東村山市は道の愛称をつけることを総合計画で定めているのだから、この「コミュニティ・ゾーン」の道にも優先的に愛称をつけるといいのではないだろうか? 例えば「ハクセキレイ通り」にすれば、あの標識も活きるというモノだ。でもやっぱりあの標識はよくないな。外すべきだろう。







    スポンサーサイト

    道路の名称表示板はこれでいいのですか?


    市役所近くにある表示板

     これは市役所近くにある「インディペンデンス通り」の道路名称表示板だ。アメリカのインディペンデンス市と姉妹都市となって35周年となる2013年に、友好関係を記念して市役所と市民センターの間の道路を「インディペンデンス通り」と名付け、表示板を設置した。
     そのこと自体はいいのだが、私は以前からこの表示板に違和感を抱いていた。
     市のホームページによると、「インディペンデンス通り」は、「府中街道から市役所と消防署の間を抜け、公園、郵便局、マーケットを過ぎ、突き当りまでのみち」とのこと。この説明で言うなら、冒頭の写真は市役所近くにあるから「インディペンデンス通り」の始点にあることになる。

    天王森公園近くにある表示板

     これは「インディペンデンス通り」の途中、天王森公園近くにある表示板。

    いなげや近くにある表示板

     そしてこれが、スーパー「いなげや」近くにある終点の表示板。どれも形状が同じなのがわかると思う。私が抱いた違和感は、ほかの表示板との比較でわかると思う。

    久米川駅北口の交番近くにある市役所通りの道路名称表示板

     これは久米川駅北口の交番近くにある「市役所通り」の道路名称表示板。表示板の形状から、「ここから右が市役所通り」ということがわかる。言い換えれば「ここまでが市役所通りで、ここから左は違う」ということだ。

    税務署近くにある表示板

     これは税務署近くにある表示板。これを見れば、「ここから左が市役所通り」ということがわかる。ちなみということで、もうひとつ表示板を見てもらおう。

    市役所近くにある府中街道の道路名称表示板

     これは市役所近くにある「府中街道」の道路名称表示板。表示板の形状を見ると、両端が矢印になっている。これは「この通りは右も左も府中街道」ということを意味している。

     道路名称表示板は単に名称を表示するだけでなく、どこから通りが始まり、どこで終わるのかという、始点と終点も示しているのが本来の在り方だ。そういうことを頭に入れてもう一度、「インディペンデンス通り」の道路名称表示板を見ると……。

    市役所近くにある表示板

    「インディペンデンス通り」の始点。

    天王森公園近くにある表示板

    「インディペンデンス通り」の途中。

    いなげや近くにある表示板

    「インディペンデンス通り」の終点。
     違和感アリアリでしょ。どれも同じにしたのは、たぶん表示板に始点・終点を示す役割があることを知らないからではなく、予算の関係ではないかと思う。それぞれに形状を変えるとなると、費用がかかるからね。でも、ほかの道路名称表示板との整合性と、道路名称表示板の役割を考えれば、これはかけるべき費用ではないだろうか。

     まあ、「インディペンデンス通り」の道路名称表示板のような形状のモノがないワケではない。でもその場合、ひと工夫が凝らされている。こんな感じだ。

    稲城市で見かけた表示板

     これは稲城市で見かけたモノ。形状は同じだが、表示の中に矢印が書いてある。これを見れば、この通りが右も左も「平尾文化通り」であることがわかる。
     確認はしていないが、この道路名称表示板、始点と終点にあるモノには矢印はひとつだけ表示してあることだろう。こういうやり方もあるんだよね。どうして東村山市は始点・終点のわからない道路名称表示板にしたのだろうか?
     市では今後、新たに愛称の決まった4つの道路に表示板を設置すると思うが、「インディペンデンス通り」と同じように始点・終点のわからない表示板にするのだろうか? それでいいのだろうか?


    「インディペンデンス通り」には、違和感ではなく、疑問も1つある。それはなぜ、3つも道路名称表示板があるのか、という疑問だ。東村山駅東口からスポーツセンターの方に延びる道路は、「さくら通り」という名称がついている。その表示板は東村山駅東口を出て、府中街道を渡ってすぐのところに立てられている。 これだ。

    さくら通りの表示板

     これも始点・終点の表示がない(笑)。
     まあ、それはおいといて、「さくら通り」の表示板はこれ1つなんだよね。「インディペンデンス通り」の倍以上の長さのある道路なのに、1つだけ。どうしてなんだろうね。不思議だ。













    本当に東村山市は知らなかったのか?

     東村山駅東口からスポーツセンターに延びるさくら通り沿いに建設されるハズだった(仮称)東村山医療センター。しかし実際は建設がストップした状態になっていた。そこで「市長へのEメール」を使って、問い合わせてみたところ、2011年9月1日の午後、都市環境部都市計画課から回答が届いた。その内容については、「まちづくりって何だろうね」という記事に書いたので、読んでいただきたいと思う。

     で、その記事を書いた2011年9月13日、前市議会議員の鈴木忠文さんがツイッターでこんなことをつぶやいていた。


    マサさんが気にしてる医療センター。今日から解体作業が始まってますよ。廃棄物のリサイクル許可とっているのが8月始めですから、市長へのメールの返信の時はすでに行政も把握していたはずです。開発の許可は東京都ですが、東村山市も開発指導要綱にそって相談は受けてたはず。


    「エエッ! 解体工事が始まってるって?」……鈴木さんのつぶやきを読んで、私は驚いた。というのも、都市環境部都市計画課からの回答には、


     事業者である株式会社クリーンメディカルからは、「東村山市宅地開発等建築物の建築に関する指導要綱」による事業廃止等の届け出を受理していませんので、事業は継続中であると考えています。


    と書いてあったからだ。私は翌日の2011年9月14日、解体工事が本当に行われているのか、確認をしに行ってみた。すると……。

    解体工事が行われていた

     鈴木さんの言う通り、解体工事が行われていた。工事の標識を見ると……。

    工事期間は平成23年9月12日から12月30日まで

     工事期間は平成23年9月12日から12月30日までとなっている。9月12日からスタートしていたワケだ。

     都市環境部都市計画課から回答が届いたのが9月1日。担当者が回答を書き上げたのが仮に2日前だとしても8月30日。解体工事が始まる9月12日のちょうど2週間前だ。
     解体工事が突然降ってわいたようにこの2週間で決まるワケがない。東京都にはすでに届け出をしているだろうし、東村山市にも何らかの話は伝わっていたのではないだろうか? 不確定な情報は伝えない方がいいが、本当にこの回答を作成した時点で、解体工事について知っていたなら、そのことを踏まえた回答をするべきではないだろうか?


    事業廃止等の届け出を受理していませんので、事業は継続中であると考えています。


     この回答は納得はいかないが、杓子定規に行政の手続きを適応すれば、こういう回答にならざるを得ないだろう。しかし、「市として現状をどう考えているのか?」という内容の質問に対し、


    当市のシンボルロードとして都市計画道路3・4・27号線(さくら通り)に面し、建設途中の建物が放置状態になっている現状については、残念でありますが一刻も早い事業の再開を望んでいるところです。


    このように答えるのはいかがなモノだろうか? 解体工事について全く知らないというのであれば、この回答でいいかもしれない。だけど、解体工事を知っていながらこの回答をしたとしたら、バカにしているにも程がある。一体どういうつもりで、「一刻も早い事業の再開を望んでいるところです」という一文を入れたのだろうか?
     本当に解体工事のことを知らなかったのか? それとも……。
     今までいただいた「市長へのEメール」の回答の中で、丁寧でわかりやすいモノだっただけに残念でならない。もう一度聞くしかないかな?






    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。