好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    ムラフェスの詳細決定!

      2014年7月19日(土)と20日(日)の2日間、東村山市内各地で同時多発的に行われる行われる画期的な音楽イベント「まちジャム」。このイベントの全容については「東村山が音楽の街になる日」という記事で紹介したのだが、実は「まちジャム」の4種類のステージ、


    *みせジャム……いつものお店がライブ会場に変身!
    *はこジャム……駅ビルがライブハウスに!
    *にわジャム……公園と音楽がひとつに!
    *みちジャム……歌いだしたらそこがステージ!



    のうち、「にわジャム」の中央公園でのステージ内容がまだ決まっていなかった。その詳細が、イベントまであと1週間という段階でようやく届いたので、急きょこのブログでも紹介しようと思う。
     と言っても、チラシを紹介するだけなんだけどね(笑)。写真をクリックすると大きくなります。

    ムラフェスのチラシ

    タイムテーブルと出演者プロフィール

     ここで「ムラフェス」って何? 「にわジャム」じゃないの?と思った人もいることだろう。ちょっとおさらいすると、今回のトータルのイベント名称は「まちジャム」です。その「まちジャム」は、「みせジャム」「はこジャム」「にわジャム」「みちジャム」の4つのステージで構成されています。で、その4つのステージの1つ、「にわジャム」の中にある中央公園でのイベントを“野外フェスの祭典”と位置づけ「東村山だいじょうぶだぁ!フェスティバル」、略して「ムラフェス」と銘打ったワケ。
    「まちジャム」全体の中の1つのイベントなんだけど、7月20日の午前11時から午後4時までの5時間、14組のアーティストが登場するのだから、これだけでも十二分に聴き応えのある単体イベントといってもいいだろう。それだけに「ムラフェス」という別名称を付けたくなる気持ち、よ~くわかる。

    「ムラフェス」の出演アーティストはチラシにも紹介されているが、写真ではちょっと小さいので、大きくして紹介しちゃおう。

    出演者リストその1

    出演者リストその2

    出演者リストその3

    出演者リストその4

     知っているアーティストはあまりいないだろうけど、いろんなジャンルの音楽が楽しめるよ。それから生ビールやカキ氷、焼きそばなどの模擬店も出るから、芝生の上で一杯やりながらのんびりと音楽を聴くだけでも、リフレッシュできると思うよ。何せ入場無料だから、もし予定がないなら気軽にフラッと行ってみてはどうだろうか? きっと、「東村山って、結構、楽しい街だなぁ」と思いますよ。




    【まちジャムについて詳しくは】
    ホームページ
    フェイスブック







    [ 2014/07/16 17:51 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(0)

    東村山が“音楽の街”になる日

     2014年7月19日(土)と20日(日)、東村山市で「まちジャム」というイベントが開催される。これは東村山市内のあちこちで同時多発的に音楽イベントが行われるというモノ。と、画期的なイベントなんだけど、一体どういうモノなのか、ちょっとイメージできないでしょ。その「まちジャム」の全容が、このほどついに明らかになった。
     まあ、何はともあれ、このチラシを見てくださいな(クリックすると大きいサイズで見られます)。

    「まちジャム」のチラシ

    イベント日程表

     ここで改めて「まちジャム」とは何か、説明しよう。チラシにはこう書かれている。


    東村山には音楽人がたくさん暮らしていて、老若男女、ジャンルも様々に精力的な活動を展開しています。「まちジャム」は、その素晴らしい仲間達が広く連句し、まちのあちこちが音楽でいっぱいになる、そんな市内同時多発ライブイベントです。


     で、「まちジャム」には、4種類のステージがある。


    *みせジャム……いつものお店がライブ会場に変身!
    *はこジャム……駅ビルがライブハウスに!
    *にわジャム……公園と音楽がひとつに!
    *みちジャム……歌いだしたらそこがステージ!



     サンパルネという大きな会場での演奏もあれば、飲食店でのライブもあり、中央公園での野外ライブもあれば、小さな公園や果樹園でのライブもある。東村山の街中いたるところでいろんなジャンルの音楽が流れる……こんな画期的な音楽イベント、ちょっとないと思うなぁ。こんなイベントができちゃうことそのものが、「東村山市は音楽の街」である証ではないかと思う。

     家族で楽しむなら、散歩がてらに「にわジャム」「みちジャム」に足を運んでみるといいんじゃないかな。
     ジックリ腰を据えて音楽を楽しみたい人には「はこジャム」がいいかも。
     ちょっと一杯やりながら聞くなら「みせジャム」がオススメ。それぞれのお店の料理を、

    旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

    と堪能しつつ、目の前で繰り広げられる演奏に、

    上手いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

    と拍手を送る。

    贅沢なひと時じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

     チラシをジックリ見て、今からどの会場に行くか決め、ぜひ7月19日(土)と20日(日)を満喫して欲しいなぁ。





    [ 2014/07/13 04:29 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(0)

    東村山産、頑張ってますよ!

     東村山ではいいモノがいっぱいつくられている……と文字に書いても、わからないですよね(笑)。
     となれば、自分の目で確かめるのが一番。

     農産物に関しては、ちょっと歩けば野菜や果物の直売所があったりするし(詳しく知りたい人はこちらを参照)、府中街道沿いの「JA東京みらい」の敷地内には地元農産物を扱った販売所がある。

     最近では月1回、久米川駅北口のイベント広場で「マルシェ久米川」と銘打つ朝市を開催している。これは新鮮な地元の農産物を生産者自らが販売するというモノ。「つくった人の顔が見える」ということで、回を重ねるごとに人気になっているのだとか。
     次回は2012年5月20日(日)午前10時~午後1時なので、興味のある人は散歩がてら行ってみてはどうだろうか? ただし、売り切れ次第終了とのことなので、行くなら早めがいいかもよ。



     農産物以外でも東村山にはいいモノがある。
     続いて紹介するのはコレだ。

    西武信用金庫の掲示板に張ってあったポスター

     たまたま久米川駅南口のバス通りを歩いていたら、「西武信用金庫」の掲示板に貼ってあったのだが、「西武信用金庫」が「東京都商工会連合会」とともに主催する「第6回 東京発!物産・逸品見本市」が2012年5月17日(木)と18日(金)の2日間、新宿駅西口のイベントコーナーで開催される。今回のキャッチフレーズは、


    極鮮TOKYO~究極の東京厳選グルメをご賞味あれ!~


     97団体が出展するのだが、東村山からは、

    栄光堂製菓
    豊島屋酒造(「東京都酒造協同組合」の一員として)
    保谷納豆
    ポールスタア


    以上の4社が商品を出展する。見に行けば、不思議なんだけど、やっぱり住んでいる街の会社がつくっているモノだから、「おっ、東村山、頑張ってるな」という気持ちになりますよ。新宿に行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。






    [ 2012/04/30 11:34 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(2)

    ユニークなチャリティーイベント

     
    「ネパール」と言うと、皆さんはどんなイメージを抱くだろうか? まず一番に挙がるのは、エベレストをはじめとしたヒマラヤ山脈だろうか。でも、そのあと次々と挙げられる人はなかなかいないと思う。
     だからというワケではないのだが、10月30日(日)にネパール文化を紹介するユニークなチャリティーイベントが開催される。

    チャリティーコンサートのチラシ

     企画をしたのは「ネパリヤマ」という主婦グループ。ネパール人の配偶者を持つ家族と、旅行好きでネパールに行ったことがあったり、興味があるという仲間が集まり、
    年2~3回BBQキャンプをしたり、毎月数回集まって情報交換しながら食事会をしたりしている集まりなのだという。
     今回のイベント開催について、「ネパリヤマ」の代表である山谷さんは次のように語ってくれた。


     今回のイベント開催のきっかけは、毎日見ている東日本大震災のニュースで、自分たちの子供と同じくらいの子どもたちが1000人以上災害遺児になってしまっているということを耳にしたことと、グループ内の1人が「阪神淡路大震災の時は、独身だったからボランティアに参加できたけど、今回は子どもを置いて参加できない」と話していて、私たちにも何かできないだろうかという話になりました。
    「子供たちと一緒にできることはないか?」と考えていたところ、ネパールで音楽活動をしている友人のスンダリミカが9月に一時帰国するという連絡をもらいました。私たちの考えを話すと、3月に帰国した時ボランティアに参加したこと、ネパールでも、色んなところでイベントが行われており、つい先日も、カトマンズの日本人補習校で寄付やメッセージ・復興への祈りをささげるイベントに参加したという話になり、一緒に何かしようということになりました。
     スンダリミカの歌はネパールの民族音楽を日本語に訳しているので、子どもたちから大人まで楽しめるし、ネパールの文化に触れてもらえる機会にもなるので、チャリティーコンサートにしようということになりました。イベントの収益金は、確実に被災地の子どもたちのために使ってもらいたいと思い、「あしなが育英会」に寄付します。



     私はスンダリミカさんのことを全く知らなかったのだが、実は今年は「ネパール観光年」で、スンダリミカさんはネパール観光省から民間観光大使に任命されたのだという。ということで、「ネパール観光年」のキャンペーンソングがこちら。



     澄んだ声はまさに癒し系。いつまでも聞いていたくなる声だ。ネパールの音楽を生で聴く機会は滅多にないと思うので、これだけでも行ってみる価値はあると思う。
     イベントについての詳しい内容は次の通り。


    《アジアの歌姫★スンダリミカのチャリティーコンサート~ネパールの風に触れて子供たちに笑顔を届けよう!~》


    【日時】 2011年10月30日(日)午前9時30分開場、10時30分開演。正午まで。

    【場所】 東村山駅西口ワンズタワー市民ステーション2階のコンベンションホール

    【入場料】 大人1500円、中高生1000円、3歳~小学生500円。大人のみ前売割引(1300円)あり

    【問い合わせ】 電話090-1435-2843(山谷)まで

    【内容】 午前10時30分~11時までがネパールの日本人学校で行われた東北大震災へのチャリティーコンサートの様子などのトークショー、午前11時~正午までがスンダリミカさんのライブ。このほかライブペインティングや民族衣装であるサリーの着付け、ネパール式美容健康紅茶の販売、ネパールの絵本コーナー、ネパール軽食の販売などなど盛りだくさん。



     ここまでネパール尽くしのイベントはなかなかないと思う。キッズコーナーもあるというから、親子で行ってみるのもいいかもよ。






    [ 2011/10/28 06:36 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(0)

    放射線について医師の話を聞いてみよう

     世の中には放射能や放射線に関する情報が、それこそあふれているというのに、意外と知らないことが多い。特に体にどんな影響があるのかについては、諸説様々で「知らない」というより、「よくわからない」というのが実情かもしれない。

     でも「よくわからない」からと言って、放っていてはいつまで経ってもわからないままだ。自分のため、子どもたちのため、自ら情報を積極的に求めていく姿勢が大切だと思う。

     ということで、たまたまなのだが、東村山市において医師による放射線関連の講演が今月末から来月にかけて2つあるので、紹介します。


    ★市民公開講座「がんの放射線治療の進歩と原発事故の被曝について」

    【講師】 「がん研有明病院」顧問の山下孝先生

    【日時】 2011年9月24日(土)午後2時~4時

    【場所】 市民センター2階

    【入場料】 無料

    【主催・問い合わせ】 主催は社団法人東村山医師会。問い合わせは東村山医師会(電話042-395-1212)




    ★講演会「子どもの健康と放射能」

    【講師】 八王子中央診療所所長で小児科医の山田真先生

    【日時】 2011年10月8日(土)午後2時~4時

    【場所】 市民センター2階

    【入場料】 資料代として200円

    【主催・問い合わせ】 主催はNPO法人HUGこどもパートナーズ。問い合わせはHUGこどもパートナーズ(電話080-3385-2148・鈴木、または電話090-6479-4722・磯部)







    [ 2011/09/12 13:03 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(0)

    ぜひ見て欲しい映画

     2011年8月19日(金)に東村山駅西口すぐの再開発ビル2階「サンパルネ・コンベンションホール」で、「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画の上映会と、この映画の監督である鎌仲ひとみさんのトークショーが行われる。どういう映画なのかというのは、文字で説明するよりも予告編を見てもらった方が早いと思う。





     このイベントの詳しい情報は下記の通り。


    ★「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会&監督トークin東村山

    【日時】 8月19日(金)午後2時開場/1回目上映:午後2時30分~4時45分/監督のトークショー:午後5時~6時/2回目上映:午後6時30分~8時45分

    【場所】 ワンズプラザ2階の「サンパルネ。コンベンションホール」(東村山駅西口すぐ)

    【入場料】 前売り1000円、当日1100円/学生500円/中学生以下は無料

    【託児】 あります。ただしサンパルネ・キッズコーナー(3階)に前日までに直接予約(電話042-395-5115)を。対象は2歳から就学前までで、利用料は500円。

    【主催・問い合わせ】 NO!原発「子どもの未来を考える」ゆるやかネットワーク 電話&FAX042-392-7677/メールはこちらまで



    「どうせイデオロギーがかった映画だろ」と思う人がいるかもしれないけど、そんなことはないです。以下は埼玉県鶴ヶ島市の藤縄善朗市長と埼玉県和光市の松本武洋市長のツイッター上でのやり取りです。(言葉がダブるのでリツイート部分は省きました)


    藤縄市長 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲ひとみ監督トークin川越。時宜を得た企画だ。諸悪の根源は発送配電分離、みたいなスタンスは、大丈夫だろうか? 気になったのはそこだけ

    松本市長 和光でも有志の企画があり、私も観賞することができました。監督の方向性を理解して見れば実り多い時間を過ごせるのではないでしょうか

    藤縄市長 イデオロギーや優生思想の匂いがしないのがいいです

    松本市長 見る人に生業のにおいや息遣いを色濃く伝えてくれる作品でした


     原発についてはいろいろな考え方があると思うけど、そういう思いをニュートラルにしてこの映画を見ると、いろいろな“気づき”があると思う。時間のある人はぜひ見に行って欲しいと思う。




    〔PR〕
    家族の安全・安心を守りたい。放射能測定器専門店 GEIGER-JP


    [ 2011/08/08 12:10 ] 【市政全般】 イベント情報 | TB(-) | CM(0)

    要チェック!2つのイベント

     ちょっと見逃せないイベントが、2011年4月16日と17日に立て続けに行われるので、紹介しようと思う。


    ★東村山市長選挙公開討論会

    【日時】 4月16日(土) 午前10時~
    【場所】 市民センター2階
    【入場料】 無料(ただし定員になり次第、締め切り)
    【主催】 東村山青年会議所 市長選公開討論会実行委員会


     4月17日の告示前に立候補予定者が一堂に会して、自分の政策や理念を有権者である市民に対して訴える予定。投票判断する参考にしてみてはどうだろうか?


    ★復興支援!特別感謝セール

    【日時】 4月17日(日) 午前8時30分~午後5時30分
    【場所】 「ポールスタア」(東村山市久米川町3-28-2)
    【注意事項】
    ・買い物袋を持参してください(少しでも多く支援ができるよう、袋を用意しないため)
    ・車での来場は控えてください
    ・指定場所以外での飲食、喫煙はご遠慮ください


    「ポールスタア」の各種商品を3割~6割引きで販売するほか、限定500食で黒焼そば(200円)を販売する。イベントの売上金は全額、東日本大震災で被災された方の復興支援に役立てる予定で、集まった金額やその使い道については「ポールスタア」のホームページで報告するという。




    イベント・会議情報 vol.55

     2011年4月からスタートする計画が多いせいか、ここのところ審議会の日程が立て込んでいる。同じ日の同じ時間に2つの審議会や会議があったりすることもある。傍聴者が多いといいのだが、傍聴者が誰もいないような状況で重要な計画が決まっていくのは少し怖い気もする。私も極力、傍聴しに行こうと思っているけど、ぜひ皆さんもこの機会に傍聴に行ってみてください。

     情報の中には日時と場所だけの紹介になっちゃうものもあるのでご容赦を。なお、会議については市のホームページのこちらを、イベントに関しては市のホームページのこちら商工会のホームページにも掲載されているので、参考にしてみてください。

    市民討議会に参加を

     東村山市では初めての試みとなる、無作為抽出によって選ばれた市民による市民討議会が2010年12月12日午前10時から市民センターで開催される。11月11日に無作為抽出した16歳以上の3000人の市民に参加案内書が発送され、すでに定員の100人を超える参加申し込みがあったという。
     定員数に達したことについて、企画した関係者はおそらくホッとしていることだろう。

    イベント・会議情報 vol.54

     猛暑が過ぎたかと思うと、アッと言う間に肌寒くなってきて「もう冬なの?」と思うような日もチラホラ。でも木々を見ると、ようやく色づき始めており、「季節はまだ秋だよ」と教えてくれている。
     秋の東村山市はイベントが盛りだくさん。会議もてんこ盛りだ。ということで、久しぶりだけどイベントと会議の情報をわかる範囲で紹介しようと思う。

     情報の中には日時と場所だけの紹介になっちゃうものもあるのでご容赦を。なお、イベントに関しては、市のホームページ商工会のホームページにも掲載されているので、参考にしてみてください。

    この街はどうなっていくのか?

     行政が目指そうとする東村山市の姿と、市民が望む東村山市の姿が一致していれば問題はないのだが、なかなかそういかないのが現実だ。
     現在、東村山市では急ピッチで第4次総合計画と第4次行財政改革大綱を策定している。

     行政側は第4次総合計画と第4次行財政改革大綱を、自治体経営を進める上での“車の両輪”と位置付け、どちらも平成23年度から平成32年度までの10年間の計画としている。現時点の策定状況は……。


    *第4次総合計画……第4次総合計画基本構想が2010年9月30日の9月定例会最終日に可決し、平成23年度から平成27年度までの第4次総合計画前期基本計画(案)をとりまとめた段階。

    *第4次行財政改革大綱……2010年8月10日に行財政改革審議会から第4次行財政改革大綱策定についての基本的な考え方が答申され、それに基づいて第4次行財政改革大綱(骨子案)がまとめられ、2010年11月1日に開催された行財政改革審議会で審議された。これをもとにさらに平成23年度から平成25年度までの3年間を計画基幹とする第1次実行プログラムを策定する予定。



     どちらも具体的な中身についてはこれからだが、「どうあるべきか」という外枠は定まったというところ。そこで、東村山市では市民の皆さんに今後10年の東村山市を方向づける第4次総合計画と第4次行財政改革大綱のことについて知ってもらおうというイベント「10年後の東村山を考えよう!」を開催する。


    ★10年後の東村山を考えよう! 第4次総合計画と第4次行財政改革大綱について語る会

    【日時】 2010年11月9日(火)午後7時~8時45分(入場受付は午後6時30分から)
    【場所】 中央公民館ホール



     内容は渡部尚市長からの説明と、策定にかかわった方たちによるシンポジウムとのこと。行政がどういう街を目指そうとしているのかを知るいい機会だと思うので、ぜひ多くの人に参加して欲しいと思う。





    イベント・会議情報 vol.53

     連日暑くて外に出かけたくないかもしれないけど、近所でやっているお祭りぐらいなら「行ってみようか」という気になるでしょ。
     会議もいろいろあるから、会社の夏休みでちょっと時間があるという人はこの機会にどういうものか見てみるのもいいかも。

     情報の中には日時と場所だけの紹介になっちゃうものもあるのでご容赦を。なお、イベントに関しては、市のホームページ商工会のホームページにも掲載されているので、参考にしてみてください。

    イベント・会議情報 vol.52

     考えてみれば、2010年になってから、この「イベント・会議情報」を一度も書いてなかった。いやあ、いかん、いかん。今は夏祭りのシーズン。今週末もいろいろとあるので、ぜひ家族で楽しんで欲しいと思う。

     情報の中には日時と場所だけの紹介になっちゃうものもあるのでご容赦を。なお、イベントに関しては、市のホームページ商工会のホームページにも掲載されているので、参考にしてみてください。

    朗読劇を見てみませんか?

     東村山市を“朗読劇のメッカ”にしたいという野望を私は密かに抱いている。でも、「朗読劇って何?」という人はまだまだ多いと思う。説明するよりは、実際に見た方が理解しやすいと思うので、今週末に行われる2つの朗読劇を紹介しよう。

    「事業仕分け」を見に行こう

     東村山市のお隣に位置する埼玉県所沢市で、2010年6月26日と27日の2日間、「事業仕分け」を実施する。対象となるのは、広報紙発行事業や所沢市民文化センター管理運営事業、保育園給食事業など40事業

     仕分け作業は1班6人で行う。その内訳はコーディネーター(進行役)が1人、仕分け人が5人。仕分け人のうち2人は公募による所沢市民。
     事業説明者として各事業の市の担当者が1~3人出席する。
     2班体制で行い、1班が1日に10事業の仕分けをする。仕分け作業は1事業につき30分程度。その仕分けの流れは所沢市のホームページによると次の通りだ。


    (1)事業説明(5分程度)【市職員】
     事務事業の概要を、担当課の職員が説明します。

    (2)質疑応答・議論(20分程度)【外部評価者・市民評価者⇔市職員】
     外部評価者・市民評価者からの事務事業についての質疑について、市職員が回答します。
     また、「そもそも必要か」、「どこでやるか(民間化・国・県・市)」、「改善の必要はあるか」を議論します。

    (3)評価(5分程度)【外部評価者・市民評価者】
     説明、質疑応答を参考に、仕分け結果を決定します。



     私は2009年10月18日に埼玉県和光市で行われた事業仕分けを見に行った。その時のことは記事にも書いたが、本当に刺激になった。これは議員だからとか、そういうことじゃないと思う。市民の方が見ても、あるいは東村山市役所の職員が見ても刺激を受けると思う。

     東村山市から割と近い所沢市で行われるので、興味のある人はぜひ見に行って欲しいと思う。

     すでに資料が所沢市のホームページに出ているので、参考にするといいかもしれない。ちなみに6月26日と27日にどのように事業が振り分けられ、対象事業がどのようなものなのかの資料については、リンクで紹介しておきます。


    6月26日と27日の事業仕分けスケジュール

    対象事業の概要







    検索フォーム
    記事ランキング
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?