好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    私について出された請願の行方

     2007年9月18日に開催された政策総務委員会は、内容が盛りだくさんで書きたいことがいっぱいある。順序としては「行政をチェックするのは誰?」という記事で議案第54号について書いたから、次は議案第55号について書くべきなのだろうが、それはちょっと後回しにして、今回は私について出された2件の請願について報告する。

    私についての4つの請願 その2

     2007年8月21日までに提出された12件の請願のうち、私についての請願が4件あるのだが、残りの2件を今回紹介する。

    私についての4つの請願 その1

     2007年8月21日までに、12件の請願が出された。そのうちの実に3分の1に当たる4件は、私・薄井政美についての請願だ。12件の請願についてはすべて、このブログで紹介していこうと思うが、まずは私について出された請願4件のうち、2件を紹介していこうと思う。

    東村山市議会の良識

     2007年7月9日午前10時、市役所6階の第一委員会室で政策総務委員会が開かれた。審査する請願は7件。この内の2つは私についてのモノだ。
     委員会室に用意された40の傍聴席はマスコミや市民の方でいっぱい。開始直後、議会事務局に申請した人たちが写真撮影を行ったあと、いよいよ請願の審査がスタート。まず私についての請願が一括で扱われることになり、私は対象者となるため除斥(退席し、委員会の審査から外れる)。委員会室を出た――。

    私についての2つの請願

     以前の記事「市民の権利、請願と陳情」でも書いたが、2007年6月21日に10件の請願書が出され、それぞれ内容によって各委員会に付託された。7件が私の属する政策総務委員会に付託されたのだが、そのうちの2件が私についてのモノだ。
     というワケで、今回はそれがどういう請願なのか、その内容を紹介する。
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?