好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    公益通報者保護制度について

     2011年3月2日、3月定例会の一般質問のトリを飾ったのは、実は私だった(笑)。3月定例会の一般質問は議席番号の大きい順から行うので、議席番号2番の私が最後になるのは決まっていたことだったのだが、任期最後の一般質問の〆でもあり、何となく緊張したのを覚えている。
     この時に行った質問項目は「公益通報者保護制度の早急な確立を」「市民意見を反映させるシステムの構築を」の2つ。結果的に議員最後の一般質問となったのだが、今回はこのうちの「公益通報者保護制度の早急な確立を」を一問一答形式に再構成して紹介する。

    スポンサーサイト
    [ 2011/05/30 19:41 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(-) | CM(0)

    ユニークなサービス目標

     たまたまネットでニュースを見ていたら、秋田県能代市の齊藤滋宣市長のインタビュー記事が目に留まった。「エッ?」と思う見出しだったのだ。その見出しとは……。


    全職員で「予想外サービス」提供を


    「エッ、どういうこと?」と思いませんか?
     記事を読むと、具体的にどういうサービスなのかはわからないが、何となく言わんとすることが理解できた。

    「行政はある意味でサービス業。市役所はこのまち一番のサービス業でありたい」という齊藤市長によると、行政のサービスには3つの段階があるらしい。


    *市民がやってくれて当然と思う……期待サービス

    *こんなことまでやってくれるのかと思う……感動サービス

    *市民が「えっ」と驚く……予想外サービス



     具体例がなくイメージだけなのだが、ランク付けをすると、


    期待サービス < 感動サービス < 予想外サービス


    であることは何となくわかる。そして齊藤市長の目標は「職員全員が市民に予想外のサービスを提供すること」だという。
     現在の能代市職員の状況について齊藤市長は「今はまだ『期待サービス』から『感動サービス』のあたり」と評価。
     さて、東村山市職員の現状はどうだろうか? 「まだ『期待サービス』にも達していないよ」という厳しい声があるかもしれないが、私は多くの職員は「期待サービス」ができていると思う。
     だけど、なぜか悪いイメージが出来上がっているので、それを払拭するためにも「感動サービス」のレベルを目標に頑張って欲しいと思う。





    [ 2011/02/03 06:05 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    自治体職員の“リトマス試験紙”

     厳しい財政事情の中、全国の自治体で首長はさまざまな改革に取り組んでいる。東村山市もその例外ではない。そして改革を進める上で最も大切なのは、職員の意識を変えることだと言われている。
     岐阜県多治見市の前市長である西寺雅也さんはその著「自律自治体の形成 すべては財政危機との闘いからはじまった」の中で次のようなことを述べている。


     経験則として「三年言い続ければ、事態は変わる」と私はいってきた。これは逆にいえば、「三年も言い続けなければ、事態は変わらない」ことを意味する。職員の体質を変えることは、それほど難しいのである。横断的な行政の取組みができないといったことを変えさせるにも、既成概念にとらわれている職員たちに新しい発想をさせるにも、それだけの根気と努力が必要であるということである。


     東村山市においても市民に寄りそう柔軟な考え方を持った職員がいる一方、市民を信用していないとしか思えない言動を見せる職員もいる。
     ひと口に「意識を変える」と言っても、何をどう変えるべきなのかわからなければ、解決の糸口はつかめない。そこで今回は西寺さんが著書の中で記している“リトマス試験紙”を紹介しよう。
    [ 2010/08/01 18:16 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    予算のかからないサービス向上を積極的に

     市役所のイメージは、市民と接する機会の多い窓口業務職員の対応で決まると言っても過言ではない。そういう意味で、東村山市役所の窓口対応はどうかというと……ちょっと疑問な点がなきにしもあらずだ。これは何も私だけの印象ではない。だからこそ、2010年3月1日に石橋光明議員が一般質問で「『市民はお客様』の精神で接遇向上施策を」と題して聞いたのだと思う。
     ということで、今回は石橋議員の一般質問のやり取りを一問一答形式に再構成して紹介する。
    [ 2010/06/09 18:31 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    もっと「変えてみよう」の意識を

     静岡県は1998年度から「ひとり1改革運動」に取り組み、2009年度までに


    *16億3580万円の事務経費節減

    *10万8344時間の事務時間節約

    *199億5990万円の経済効果



    という効果を上げたという。「10万8344時間の事務時間節約」は職員を55人採用したのと同じ効果なのだとか。
    「ひとり1改革運動」とは、、「速く」「ムダなく」「いい仕事」をスローガンに、職員1人ひとりが身近な業務を見直して改革・改善を行うこと。この運動の初期から携わっていた山口重則・前行政改革室長のインタビュー記事を先日読んだのだが、山口さんの考え方は東村山市においても大いに参考になると思うので紹介したい。
    [ 2010/04/04 19:03 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(2)

    基本はやっぱりあいさつ

     4月は入学、入社シーズン。小学校の入学式では校長先生や教育委員会の人が祝辞の中で必ず、「あいさつは大切なこと」「大きな声であいさつしよう」ということを新1年生に話す。
     あいさつが大切なのは、何も新1年生に限ったことではない。大人になっても、いくつになっても、どんな立場になっても、あいさつは大切だ。
     だからこそ2010年3月1日の一般質問で石橋光明議員は「市民はお客様」の精神で接遇向上施策をという質問をしたのだと思う。あいさつすることはお金のかかることではないのだから職員に徹底させて欲しいと思うのだが、なかなか実行はむずかしいようだ。
     そうした中、ある自治体の記事が目に入った――。
    [ 2010/04/03 16:53 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    いろんな意味で刺激的だった事業仕分け

     2009年10月17日と18日の2日間、埼玉県和光市で、「和光市事業仕分け」が行われた。私は18日だけ傍聴に行ったのだが、実に刺激的な内容で、素直に「思い切って見に行ってよかった」と思ったし、「こういう事業仕分けを東村山市でもやらなきゃ」と痛感した――。

    和光市事業仕分け
    [ 2009/10/21 19:08 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(2)

    市役所の組織が変わりました

     2009年4月1日から市役所の組織が変わった。一番大きな変化は、政策室と財務部が統合して経営政策部となったことと、保健福祉部が健康福祉部と子ども家庭部の2つに分かれたことだ。また環境部をごみ関係に特化して資源循環部とし、環境部に属していた環境問題関連を都市整備部に入れて都市環境部という部署が新たにできた。
     これらの組織改正は、「東村山市組織条例の一部を改正する条例」という議案として2008年12月の定例会に出され、2008年12月10日の政策総務委員会で審議された。その一部をピックアップして紹介する――。
    [ 2009/04/01 17:29 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    行財政改革審議会からの緊急提言

     2008年3月19日、第3回行財政改革審議会が開かれ、畠中誠二郎会長から渡部尚市長に「市職員の不祥事件に関する緊急提言」が手渡された。前回、2月23日に開かれた第2回行財政改革審議会で例の不祥事の経過と対応策が報告されたのだが、その時に行財政改革審議会として緊急提言することを畠中会長は明言。約1カ月後に出されたというワケだ――。
    [ 2008/03/23 13:38 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(2)

    罪を憎んで…

     以前に「1996年の不祥事」という記事を書いた。その時に1996年8月30日開催の臨時会の会議録を私は読んだのだが、そこには横領した職員の名前がハッキリとフルネームで明記されていた。今から12年前の話だというのに……。
    [ 2008/03/02 19:52 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(1) | CM(0)

    1996年の不祥事

     2008年2月1日に市民課の主任による横領事件が発表されたが(詳しくはこちらを参照)、今から12年前の1996(平成8)年にも、市職員による横領事件が起きている。この時の事件経過と対応は次の通りだ――。
    [ 2008/02/06 20:29 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(2)

    不祥事への対応

     すでに新聞の報道などでご存知だと思うが、市民課のN主任(40)が約750万円を横領していたことが2008年2月1日、渡部尚市長から発表された。市民の信頼を裏切る、あってはならない不祥事。どのように発覚し、行政側はどのように対応したのだろうか?
    [ 2008/02/02 15:30 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(1) | CM(4)

    嘱託職員って何?

     以前に「決算特別委員会2日目 その2」という記事で、嘱託職員についての質疑を書いたが、市のホームページこの時の会議録が公開されたので、そのやり取りを紹介する。
    [ 2008/01/14 18:35 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    決算特別委員会 2日目その2

     2007年10月4日に行われた決算特別委員会の2日目、私は一般会計の歳入に続き、歳出の総務費について質問した――。
    [ 2007/10/05 17:08 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(0)

    もう少し意見を聞かせてください

     以前、「市役所の応対ってヘン?」という記事で、「市役所での応対に不満を感じたことがありますか?」というアンケートを募ったのだが、覚えているだろうか?
    [ 2007/08/07 17:52 ] 【市政全般】 職員関連 | TB(0) | CM(1)
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。