好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    平成20年度決算を各会派はどう判断したのか?

     平成20年度一般会計決算の認定に対して、わが「変えよう!議会・東村山」は反対した。その理由については「平成20年度決算についての会派の判断」という記事を読んでいただきたい。

     では、ほかの会派はどうだったのか? そして結局のところ、平成20年度一般会計決算は認定されたのか、されなかったのか? 今回はそのことについて報告しようと思う――。

    厳しかった平成20年度決算に対する監査委員の意見

     2009年9月11日から平成20年度決算を審査する決算特別委員会がスタートしたワケだが、それに先立つ8月20日、各議員には平成20年度決算に関する資料が配布された。その資料の1つに「決算等の審査並びに意見書」というモノがある。これは監査委員が2009年6月23日から8月14日までの期間に帳簿の照合や、関係者からの説明聴取を行い、審査した内容をまとめたモノだ。
     毎年出ているモノだが、今回は随所に行政に対する厳しさが感じられた。極めつけは「決算等についての意見」だ。
     というワケで、今回は「決算等についての意見」のうち、決算に関する意見を全文紹介する。(赤字は私が重要と感じた箇所です)

    平成21年度一般会計予算に対する各会派の討論 その4

     今回紹介するのは、民主・生活者ネットワークと希望の空の討論。それぞれ賛成の立場から討論を行っているのだが、ニュアンスが微妙に違うので、その点に注意しながら読んでみて欲しい――。

    平成21年度一般会計予算に対する各派の討論 その3

     平成21年度一般会計予算に対して反対の立場から討論を行ったのは、地元のチカラである私のほかに、共産党と草の根市民クラブの2会派。ということで、今回は共産党と草の根市民クラブの討論を紹介する――。

    平成21年度一般会計予算に対する各派の討論 その2

     今回は平成21年度一般会計予算に対して行われた各会派の討論のうち、賛成の立場から行った公明党の討論を紹介する――。

    平成21年度一般会計予算に対する各派の討論 その1

     平成21年度一般会計予算に対する私の討論については、すでに記事として紹介している(詳しくはこちらを参照)。私は反対の立場から討論を行ったのだが、自民党・自治クラブと公明党、民主・生活者ネットワーク、希望の空は賛成討論を、共産党と草の根市民クラブは反対討論を行った。
     ただ、討論の内容を見ると「賛成」「反対」と真っ向から対立しているとは言えない。そこで各会派の討論を紹介していこうと思う。
     まず最初は賛成の立場から行った自民党・自治クラブの討論。

    やはり2008年12月定例会は転換点

     私は2009年3月18日、平成21年度の一般会計予算の討論で次のように述べた。


     昨年12月の定例会は、数年後、渡部市政を振り返った時、「あの議会で市政は大きく転換した」と言われるようなターニングポイントだったと私は思っています。渡部市長は否定されるかもしれませんが、ひと言で言うなら「脱・細渕市政」だと、私は感じました。


     2008年12月定例会が終わった時点でもこう感じていたのだが、確信に変わったのは2008年3月13日の予算特別委員会で、熊木敏己議員の質問に対する渡部尚市長の答弁を聞いてからだ。今回はその部分を紹介しようと思う――。

    2009年の予算特別委員会

     平成21年度の東村山市の予算を審査する予算特別委員会が3月13日、16日、17日、18日の4日間にわたって行われた。結論を言えば、一般会計も5つの特別会計もすべて賛成多数で可決した。
     一般会計予算では7つの会派すべてが討論を行った。賛否は次の通り。


    *自民党・自治クラブ……賛成
    *公明党……賛成
    *共産党……反対
    *民主・生活者ネットワーク……賛成(ただし会派3人のうち、生活者ネットワークの1人は反対)
    *草の根市民クラブ……反対
    *希望の空……賛成
    *地元のチカラ……反対



     ということで、今回は私の討論を紹介する――。

    平成19年度決算の審査が終わりました

     2008年9月18日の決算特別委員会3日目。この日は一般会計歳出の衛生費から始まり、労働費~商工費、土木費・消防費まで進んだ。私はいずれについても質問通告をしていなかったため、3日目は出番ナシ。
     翌9月19日、決算特別委員会の最終日。この日は教育費から始まり、公債費~予備費と一般会計歳出のすべての審査が午前中で終了した。そして午後から平成19年度一般会計歳入歳出決算についての討論が行われた――。

    平成20年度一般会計予算に対する私の討論

     2008年3月18日、予算特別委員会の最終日。平成20年度東村山市一般会計予算(案)に対する質疑が終わり、各会派は討論を行った。「討論」と言うと、各会派が丁々発止の議論をするようなイメージを抱くかもしれないけど、議会で言う「討論」は会派それぞれが賛成、反対の立場を明確に打ち出して意見を述べることを意味している。

    2007年決算特別委員会の会議録

     市のホームページに2007年10月3日~5日と9日の4日間に渡って開かれた決算特別委員会の会議録がアップされた。議会のでの質疑や一般質問と違い、一問一答形式なので割と読みやすく、内容も濃い。機会があればぜひ読んでいただきたい。

    決算特別委員会を終えて

     私にとって初めての決算特別委員会が2007年10月9日に終わった。別に気を張っていたつもりはないのだが、終了後、疲れがドッと出て、私は人と会う予定をキャンセルして真っ直ぐ家に帰った。
     行政のあらゆる分野についていろんな角度から質問が飛び、答弁がなされ、1年生議員の私にとってはすごく有意義な4日間だったと思う。

    決算特別委員会に傍聴に来てください

     2007年10月3日から4日、5日、9日と4日間にわたって決算特別委員会が開催される。一般会計だけでも428億円にも上るお金がどのように集められ、どのように使われたのか……それを審議する場だ。
    検索フォーム
    記事ランキング
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?