好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    どこで決まったんだろう?

     たまたま市のホームページを見たら、新着情報にこんなモノがあった。


    (2011年10月5日)【公民館】陶芸窯利用のみなさまへ有料化のお知らせ


     内容はというと、平成24年1月から陶芸窯の使用料を1日1000円にするのだという。
     あれ? 使用料等審議会に諮らなくていいのかな?と思い、調べてみると、どうやらこれは「公民館条例」ではなく、「公民館条例施行規則」で定めるモノらしい。

     使用料等審議会で決めるモノではないとしたら、この1日1000円という使用料、一体どこで決まったのだろうか?

     公民館運営審議会でないことは、以前書いた「公民館における陶芸窯使用の有料化について」という記事でも明らかだ。

    「公民館条例施行規則」を見ると、機材器具の使用料をどこが決めるのか明記されていない。他の自治体を見ると、教育委員会と書いてあることが多いし、この施行規則も教育委員会の規則であるから、おそらく機材器具の使用料は教育委員会が決定するモノだと思う。

     では、教育委員会ではどういう議論がされたのだろうか? そう思って会議録を調べようとすると……平成22年3月23日の「第1回東村山市教育委員会臨時会会議録」で更新は止まったまま。ひどいモノだ。


    「市長へのEメール」で聞いてみようとは思うけど、どうもこの決め方、解せない。他の自治体の使用料も調べてみようと思う。確か素焼きと本焼きで使用料を分けているところがあったハズだ。


     それに何より、陶芸窯の有料化の理由について、

     公民館施設の使用料は平成19年4月から、有料化してまいりましたが陶芸窯につきましても、平成24年1月から有料とさせていただきます。

    というのは、おかしくないだろうか? だったらなぜ平成19年4月に施設使用料とともに有料化しなかったのか? このタイミングで有料化するのは別の理由があったハズだ。陶芸窯の入れ替えが理由なんじゃないのか? 2011年5月16日開催の公民館運営審議会の会議録にはそう書いてあるのではないのか?

     有料化の理由と1000円の根拠、そしてどこでこの使用料が決定されたのか?……こういうこと、市民が調べなくてもわかるようにして欲しいなぁ。仕方ないから調べますけどね(笑)。






    [ 2011/10/10 23:11 ] 【子育て・教育】 公民館問題 | TB(-) | CM(0)

    公民館における陶芸窯使用の有料化について

     2011年8月29日に渡部尚市長が行った所信表明で明らかになったことはいろいろある。公民館による陶芸窯使用の有料化もその1つだ。このことについて渡部市長は次のように述べている。


     現在、公民館では、萩山公民館を除く、中央、秋津、富士見、廻田の4館で陶芸窯を設置し、利用者の方々に無料で貸出しを行っているところであります。こうした中、一部の陶芸窯につきまして、老朽化や度重なる電熱線の切断による故障などを理由に、利用者の方々より入れ替えの要望をいただいております。
     この要望に応えるとともに、受益者負担の適正化の観点から、昨年来、陶芸窯使用の有料化を検討してまいりました。
     その結果、設置後23年経過している秋津公民館と19年経過している中央公民館の陶芸窯を入れ替えるとともに、平成24年1月を目途に、陶芸窯使用の有料化を実施いたしたく準備を進めておりますので、議員各位、並びに市民の皆さまにおかれましては、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。



     昨年から検討してきたというが、私には初めて聞く話だった。
     平成24年1月の有料化を目指すということは、今後は早期に使用料等審議会に諮問し、答申を経て、2011年12月定例会で公民館条例を改正……という手続きで進められるだろう。
     ただ気になるのは、公民館に関することなので、公民館運営審議会に意見を聞かなくていいのかということだ。調べてみると、2011年5月16日の会議録に「東村山市立公民館の陶芸窯の使用料に関する進行状況について」という報告があり、意見が出されている。今回はその内容を紹介する。





    [ 2011/09/04 14:34 ] 【子育て・教育】 公民館問題 | TB(-) | CM(0)

    何が違うのだろうか?

     2009年4月18日、私は「武蔵野の図書館を語る~民間企業の立場から~」という学習会に参加するため、武蔵境駅北口から徒歩5分ほどのところにある武蔵野市民会館に行った。学習会のことは後日報告するとして、今回はこの武蔵野市民会館で私がビックリしたことを書こうと思う――。

    武蔵野市民会館

    問題の本質は使用料ではないのでは?

     2009年2月3日、第2回使用料等審議会が開かれた。議題は公民館、市民センター、集会所、憩いの家の使用料の見直し。すでに見直し案は出来上がっており、中央公民館のホールを除き、ほとんどの施設使用料は下がる内容となっていた。
     2007年4月から公民館の有料化が実施され、無料団体や使用料免除団体(高齢者や福祉、児童関係の団体)からも使用料を取ることになったので、多くの団体から不満の声が出ていたことは確かだ。そういう意味では使用料の値下げは歓迎すべき話なのだが、委員とのやり取りを聞いていると、「何か間違っている」という気がしてならなかった――。

    2008年3月定例会で印象に残った一般質問 その2

     今回紹介するのは、2008年3月4日に行われた奥谷浩一議員の一般質問。奥谷議員は「地域商店街活性化事業について」「中学生の災害ボランティアについて」「公民館の物品販売について」の3つについて聞いているのだが、特に興味深かったのが「公民館の物品販売について」のやり取りだ。例によって一問一答形式に再構成して紹介する。

    誰のための公民館なのか? その2

     公民館の使用料が平成20年度は926万円も減少する見込みであることが、2008年3月13日の予算特別委員会でわかった。私はこういうことはあってはならないことだと思う。

    誰のための公民館なのか? その1

     予算特別委員会の初日である2008年3月13日。この日は平成20年度の一般会計予算の歳入について質疑が行われた。私もいくつか質問をしたのだが、一番疑問を抱いたのは「教育使用料」だ。
     平成20年度の予算額は1億1262万7000円。これは前年度と比べると、1203万3000円も減っている。だから私は次のような質問をした。

    「(「教育使用料」を構成する)学校施設使用料、社会教育使用料、保健体育使用料の3つのうち、具体的に何が前年度より減っているのか?」

     返って来た答弁は「社会教育使用料の減少が一番大きく、中でも公民館については926万円の減額を見込んでいる」というモノ。これは絶対におかしいと私は思う。というのも、公民館の使用料は昨年2007年の4月から幅広く有料化され一気に増えた経緯があるからだ。
    検索フォーム
    記事ランキング
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?