好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    夢のない名称

     先日、多摩湖町を歩いていて、こんなモノを見つけた。

    「夢の遊歩道」と言うんだ

    「夢の遊歩道開通三十年記念」と書いてある。後ろを見ると……。

    裏はこんな感じ

     平成18年に建てられたみたいだ。今から9年前か。じゃあ、来年は40年記念となるワケだ。
     平成18年から逆算すると、この「夢の遊歩道」が開通したのは、1976(昭和51)年となる。でも調べると、この1976年に「第1回多摩湖町さくらまつり」が開催されているから、この年に植樹して即開催されたとは考えにくい。
     裏に、建てられた日付とともに、「多摩湖町さくらまつり実行委員会」と書いてあることから、本当は「多摩湖町さくらまつり開催30周年」を記念してのモノかもしれない。

    春にはキレイな桜のトンネルができるんだろうなぁ

     だけど、この場所、確かに見事な桜並木だ。春には立派な桜のトンネルができることだろう。その様子はきっと「夢の遊歩道」と呼ぶにふさわしいのかもしれない。「いい名称じゃないの」と思っていたら、近くにこんな看板が……。

    でもこれが正式名称らしい

     なるほど、正式には「夢の遊歩道」ではなく、「多摩湖町1丁目第1仲よし広場」なのね。何だか味気ないなぁ。


     東村山駅東口からスポーツセンターの方に延びる道路は、正式には「都市計画道路3-4-27号線」という。でも味気ないから、公募で「さくら通り」という愛称に決まった。同じことで、せっかく「夢の遊歩道」という愛称があるなら、こちらを優先させてはどうだろうか? 











    [ 2015/01/30 07:39 ] 【環境・まちづくり】 公園の問題 | TB(-) | CM(0)

    公園に関するユニークな質問

     2009年6月定例会の一般質問において、鈴木忠文議員は大きく3つのことについて質問した。そのうちの1つである「待機児解消を求める緊急要望書とその後について」はすでに記事にして紹介しているが、この時、3番目に質問した公園に関する項目はとてもユニークなものだった。私自身、思いつかなかった視点だけに、聞いていてとても参考になった。
     ということで、今回はその部分についてのやり取りを一問一答形式に再構成して紹介する。

    「萩山四季の森公園」が暫定オープン!

     萩山のテニスコートの跡地にできる民設公園のことを覚えているだろうか? 民設公園のワークショップに参加した私は2007年7月30日に「制度の欠点まで浮き彫りにしたワークショップ」という記事を書き、最後にこう締めている。


     私としてはここまで関わった以上、公園が完成するまで、キチンと見届けたいと思う。


     あれから2年。民設公園を手掛ける開発業者から時折「萩山公園ニュース」というモノが送られていたのだが、7月下旬に届いたニュースによると、民設公園の名称が決まり、7月31日から暫定的に開放するという。なかなか用事があって行けなかったのだが、先日ようやく行くことができたので、現在の民設公園について報告しようと思う――。


    萩山四季の森公園

    公園を大切に使おうよ

     トイレの問題で何度か取り上げた歴史公園「下宅部遺跡はっけんのもり」。トイレの問題についてはこちらの記事を読んでもらうとして、実はこの公園で新たな問題が起こった。今回はそのことを紹介し、皆さんにぜひ考えてもらいたいと思う――。

    トイレ問題についての渡部市長の答弁

    「八国山たいけんの里」がオープンした際、私は「トイレの問題…その後」という記事で、「下宅部遺跡はっけんのもり」のトイレ問題がどうなったかを報告した。結局、「八国山たいけんの里」の開館にあわせてトイレを使用できるよう開放することになったのだが、「八国山たいけんの里」は毎週月・火が休館日となっているため、その日はトイレも閉鎖されることになった。
     公園そのものは1年365日開放されているのに、そのトイレが週2回閉鎖されるというのは考えてみれば、おかしな話だ。しかしこの考え、実は2009年3月の予算特別委員会ですでに示されていた。
     今回はそのやりとりを紹介する――。

    公園条例について

     公園が大切な存在だということはわかっているが、その役割やあり方についてまでわかっている人はそんなにいない。それはひょっとすると行政側もそうなのではないか……2009年3月3日に行われた伊藤真一議員の一般質問を聞いていて私はそんなことを感じた。
     伊藤議員はこの時、「大災害に備えた防災対策について」「市立公園の整備について」の2つの項目を質問しているが、このうちの「市立公園の整備について」を一問一答形式に再構成して紹介する――。

    トイレの問題…その後

     
    「下宅部遺跡はっけんのもり」のトイレ問題、皆さんは覚えているだろうか? 過去に3回記事にしているので、この問題を知らない人はまず、以下の記事を読んでみてください。


    「考えてください!トイレの問題 その1」

    「考えてください!トイレの問題 その2」

    「考えてください!トイレの問題 その3」


     さて、2009年5月2日に「八国山たいけんの里」がオープン。このオープンとともに「下宅部遺跡はっけんのもり」の閉鎖されていたトイレを使用できるようにするという話だったが、果たしてどうなつているだろうか?

    考えてください!トイレの問題 その3

    「下宅部遺跡はっけんのもり」のトイレ問題、閉鎖以外に方法はなかったのだろうか?……いろいろ考えた結果、私が行き着いた結論は、「事を大きくする」ということだった。どういうことかと言うと、今回のトイレの問題は街としてとても恥ずかしいことではあるが、閉鎖という形で問題を隠すのではなく、もっと広く地域の人、東村山市に住む人、近隣市の人に知ってもらって問題を共有することが解決につながるのではないかと思ったのである。
     というのも、たまたま「下宅部遺跡はっけんのもり」で起きた問題ではあるけど、これはどこの公園のトイレでも起こり得る話だからだ。
     ということで、私はこの問題を2008年9月19日の決算特別委員会で取り上げた――。

    考えてください!トイレの問題 その2

     2008年8月15日、クラクラするほど日差しが強い中、私は自転車で多摩湖町にある歴史公園「下宅部遺跡はっけんのもり」に向かった。問題のトイレに行くと、確かに閉鎖されていた――。

    考えてください!トイレの問題 その1

     今回紹介する問題は、実は2008年8月に知って以来、ずっと「多くの人に知ってもらわなきゃ」と思っていたモノです。第八保育園問題など緊急に考えなければならないことがあって、記事にするのが大幅に遅れてしまったのですが、私の中ではかなり重要な問題だと思っています。
     この問題を知ったのは、2008年8月12日発行の「みんなでつくろう! 下宅部遺跡はっけんのもり」第86号がキッカケです。毎月議員ボックスに配付されているこのニュースは、「下宅部遺跡はっけんのもりを育てる会」(伊藤友己代表)による体験イベントの情報や活動報告が掲載されているのだが、この第86号は全く違っていた。

    下宅部遺跡はっけんのもりの

    トイレの問題

    いっしょに考えてみませんか?


    という見出しとともに、会の名前と代表者の名前が記載されていたのだ――。


    問題知るキッカケとなった公園のニュース

    制度の欠点まで浮き彫りにしたワークショップ

     萩山のテニスコート跡地にできる民設公園の第3回ワークショップが2007年7月19日に、そして最終回となる第4回目が7月27日に開催された。恥ずかしながら私は「ワークショップ」というモノに参加したのは今回が初めてで、以前にも記事に書いたが、そこで導き出された結論には本当に驚かされた。
     トイレをどうするかが最後まで問題になったが、それもいい方向にまとまり、いろんな意味で有意義なワークショップだったと思う。

    ワークショップって凄い!

     2007年6月28日、私は萩山の民設公園のワークショップに参加した。「参加」と言っても、自分としては「見学」のつもりで行ったのだか、会場の萩山公民館に行くと、名札を渡され、「じゃあC班の席に座ってください」と指示され、すっかり参加者になってしまった……。
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?