好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    学校図書館に関わる皆さん、頑張ってください

     このブログの左蘭に「記事ランキング」というコーナーがある。これまでどの記事に一番アクセスされたのか、その人気記事のベスト10を表示しているんだけど、ここ数カ月で、6位あたりだった「学校図書館の魅力は蔵書数にあらず」という記事が、3位にまで上がっていて、ちょっとビックリ(2014年1月13日現在)。
     これは図書館、とりわけ学校図書館に関心を持つ人が増えているということなのだろうか?

     実は2013年8月、この記事にローズさんという人からコメントが寄せられた。通常のコメント欄ではなく、「拍手」ボタンを押した時に書きこめるコメント欄に書かれたモノだ。だから読むには、「拍手」ボタンを押さなければならない。
     ということで、今回はこのコメントを紹介しようと思う。(読みやすくするため筆者が改行しました)


     こんばんは。沖縄で学校図書館司書をして、今年で9年目になる者です。
     これまで、異動あるごとに任される学校の図書館がすごくごちゃごちゃで、毎回1年目の夏休みは、図書館及び図書分類の整備、整頓に追われるのですが、この4月に3度目の異動で赴任した学校図書館が、これまでにないハチャメチャぶりで、かなり使い勝手の悪い図書館なんです! 現在、図書館を整備・整頓中ですが、前任の司書のあまりのずさんな管理のせいで、なかなか仕事が前に進まず、最近とても焦りが出てすごく落ち込んでいました。
     そんな時、たまたまあなた様の体験記を見つけて読んで、何だかとても励みになり、そして参考になる要素をたくさんいただきました!どうもありがとうございます! まだまだ時間はかかると思いますが、頑張って図書館を整え、魅力ある学校図書館に変えていきたいと思います!



     東村山市に限らず、学校図書館はあまりいい状態にはないようだ。だからこそ、「学校図書館の魅力は蔵書数にあらず」という記事が読まれるのかもしれない。
     私はこのコメントに次のように返事を書いた。


     拍手とコメント、ありがとうございます。3年前に書いた記事ですが、いまだに多くの人に読んでもらっているということは、それだけ学校図書館に問題があり、その学校図書館を何とかしたいと思う人が多いからだと思います。
     記事で紹介したのは、東京の片隅の小さな街のほんの一例です。もっといろんな方法で子どもたちを惹きつける魅力ある図書館づくりをしているところもあります。途方に暮れることもあるかもしれませんが、ぜひ頑張って魅力ある学校図書館にしてください。ローズさんの努力は必ず報われます。応援しています。頑張ってください。



    「学校図書館の魅力は蔵書数にあらず」という記事を書くまで、私が学校図書館に抱いていたイメージは「そこに行けば何でもわかる“知の宝庫”」だったのですが、今はそうである必要はないと思っています。子どもたちにとって「好奇心の入り口」、「勉強で疲れた心を癒す場所」であればいいんじゃないかなと思います。さらにはもっと違う可能性があるのかもしれません。
     でも、そうした効果を発揮するためにも、地道な図書館の手入れ、メンテナンスが必要なんだと思います。愛情を持って手をかけると、子どもたちも図書館に親しみやすくなる……そんなことを取材を通じて思いました。


     今回は以前に取材した、学校図書館を良くしようと頑張っている図書ボランティアの人たちの作業も紹介したいと思います。忙しさにかまけて、取材したのに記事にしなかったんですよね。

    学校図書館整備事業作業室

     2010年の夏、市役所の一角で学校図書館整備のため、図書ボランティアの人たちが黙々と作業をしていた。

    段ボール箱がいっぱい

     部屋の中にはダンボール箱がいっぱい。

    そのほとんどは本なのだが…

     そのほとんどは、見ての通り本なのだが、その中に……。

    中になぜか牛乳パックの入ったダンボール箱が…

     なぜか牛乳パックの入ったダンボール箱を発見。「これって、何ですか?」と聞くと、図書ボランティアの1人が作業台の方を指差した。

    牛乳パック2つを組み合わせた角柱を4つ並べてテープで貼り…

     牛乳パック2つを組み合わせて、1つの丈夫な角柱をつくり、その角柱4本を並べてテープでくっつけている。

    色紙で包み…

     そしてそのくっつけた4本の角柱を、今度は色紙でキレイに包んでいる。うーん、何だろう?
     1つの分厚い板みたいになったモノに何やらラベルを付けている。

    ラベルを貼ると、本の分類仕切りの出来上がり

     あっ、なるほど。これで本を分類して仕切るのか。私はてっきり板で出来ていると思っていたよ。まさか牛乳パックでできているとはねぇ。

     こんなこと、ひょっとしたら全国の学校図書館では当たり前なのかもしれない。でもこうやって手をかけて、少しでも子どもたちに本に親しんでもらおうという思いが大事なんだろうなとこの時の私は思った。おそらく今もこういう作業を続けてくださっているのだと思う。
     手をかけたからと言って、すぐに学校図書館を利用する子どもたちが増えるとは限らない。でも何事も続けることが大切なんだと思う。
     本に親しむことが、必ず子どもたちの心を豊かにしていくと信じて、学校図書館に関わっている司書の皆さん、ボランティアの皆さん、頑張ってください。







    スポンサーサイト
    [ 2014/01/14 12:49 ] 【子育て・教育】 図書館関係 | TB(-) | CM(0)

    学校図書館の魅力は蔵書数にあらず

     私は小・中学生だったころ、よく学校の図書館に行っていた。そこはまさに“知の宝庫”で、そこに行けば何でもわかるのが、うれしかったし、楽しかった。
     時代は移り変わり、今はパソコンを使えば何でもわかる。現在の学校図書館はというと、「古い本が多い」「在庫管理ができていないから、何冊も同じ本を買ってしまっている」「図書館自体が開いていないことが多い」などなど悪い評判ばかり耳にし、利用する小・中学生は少ないという。
     読書する楽しさを知らないまま卒業するなんて、寂しい話だなぁ……と思っていたら、「七中の図書館はかなり人気あるみたいよ」という話を耳にした。そこで先日、東村山第七中学校へ行ってみた――。

    何とかしようよ学校図書館

     2008年10月に新しい検索システムが導入され、飛躍的に使い勝手が良くなった東村山市の図書館。しかし、蔵書の充実など課題はまだまだある。でも、もっと課題が山積みになっているのは、実は学校の図書館なんですよね。
     先日もボランティアで学校図書の整理をしたという人から、こんな話を聞いた。


    「とにかく古い情報の本が多かったですね。『人類は月に行けるのか』というタイトルの本が出てきた時にはビックリしました」


     個人的にはどんな内容の本なのか興味津津ではあるが、確かに正しい知識を身につけなければならない子どもたちには不適切と言えるかもしれない。
     そんな学校図書館の問題、子どもたちからも「何とかして欲しい」という要望が出ている。市制施行40周年を記念して2004年7月27日に開催された子ども議会では、2人の子ども議員が質問している。今回はその質疑応答を紹介する。なお、市のホームページに掲載されている会議録には生徒の名前が明記されているのだが、ここではイニシャルにしておく。

    図書館と指定管理者制度

     活字離れ、本が売れない時代、パソコンの普及、自治体の財政難……いろんな要素が絡んで、図書館は今、岐路に立たされていると思う。そういう意味では2009年3月3日の一般質問で大塚恵美子議員が「図書館のあり方について」というテーマで質問をしたのは、タイムリーだっと思う。
     皆さんにも図書館について考えて欲しいと思うので、この時の質問を一問一答形式に再構成して紹介する――。

    図書館が変わってどうなったか?

     2008年10月1日から検索システムをはじめとして、東村山市内の図書館の貸し出し冊数や期間が変わった。私の耳に入る評判は概ね好評だが、貸し出し期間の変更については「以前の方がよかった」という声がこのブログに寄せられたりしている。実際のところ、利用状況などにどんな変化があったのか? 図書館の職員に話を聞いてみた――。

    いよいよ図書館が変わります

     旧式の検索システムで、しかも検索端末として使用しているパソコンのOSはウィンドウズ98……信じられない図書館のOA事情だったのだが、平成20年度に予算がつき、いよいよ2008年9月22日から30日まで図書館全館を休館させて新システムの導入が行われる。あわせて図書館の利用法なども変更する。今回は10月1日から大きく変わろうとしている図書館の変更内容を紹介しよう。

    図書館の新システムについて

     以前に「ついに新図書館システム導入へ!」という記事で報告したように、多摩地区の中でもかなり遅れていた図書館のシステムが更新されることになった。2008年3月に行われた予算特別委員会で私を含め何人かの議員がこのことについて質問しているので、紹介しよう。

    ついに新図書館システム導入へ!

     今、喜びの気持ちを抑えつつキーを叩いています。
     2008年2月14日、議員ボックスに「平成20年度予算(案)概要」という文書が配布された。9ページほどのモノで、20年度予算案の歳入・歳出について大まかに説明している。この中に「平成20年度 主要事業」という項目があるのだが、教育費の中に「新図書館システム導入経費」という文字があったのだ!

    これが図書館の現状です

     2007年10月9日の決算特別委員会。平成18年度の歳出について質疑が行われた。教育費に関しては、多くの議員が図書館について質問。それによって現在の図書館の実情が浮き彫りになった。
     今回は図書館についての各議員の質疑をピックアップして紹介する。

    信じられない、というより情けない話

     ちょっと古い話で恐縮なのだが、9月定例会の会議録が市のホームページに掲載されたので、最終日の質疑について紹介しようと思う。
     2007年10月17日の議会では、平成19年度一般会計補正予算の議案質疑が行われた。私は「淵の森」対岸緑地の取得に関してと、もう1点、図書館について質問した――。

    大人のためのおはなし会

     2007年10月18日、私は「大人のためのおはなし会」に出席するべく中央図書館に向かった。乳幼児や小学生を対象とした読み聞かせ会があるのは知っていたが、大人を対象としたモノは初耳だったので、ちょっと興味を抱き、行ってみることにしたのだった――。

    決算特別委員会 最終日その2

     2007年10月9日に行われた決算特別委員会。最終日のこの日、私は土木費に続いて教育費と諸支出費について質問した――。
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。