好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    久しぶりの八郎山保全作業

     淵の森緑地と柳瀬川を挟んで対岸にある東村山市の緑地、通称「八郎山」。タイトルだけ見ると、ずっと放ったらかしにしているように思われるかもしれないが、「淵の森の会」の会長である宮崎駿さんと奥さんを中心に2~3カ月に1回のペースで保全作業は進められている。
    「久しぶり」なのは、私自身の話。どうも作業日とタイミングが合わなくて、ここのところご無沙汰していたのだ。

    柳瀬川から見た八郎山

     しかし2011年1月21日に行われた保全作業には何とか参加。「いい場所になってきたなぁ」という思いを抱きつつ、気持ちのいい汗を流した。
    スポンサーサイト

    ひっそりと八郎山の保全作業

     2010年1月24日、真っ青な空が広がる晴天の中、「淵の森の会」(宮崎駿会長)が毎年行っている「早春の下草刈り」が、秋津町にある淵の森緑地で行われた。

    作業前に挨拶をする宮崎会長

     淵の森での作業については多くのマスコミ報道があったからご存知の人もいると思う。
     私もこの日はボランティアとして参加したのだが、私の方はというと、淵の森ではなく八郎山の保全作業を行った――。

    少しバテました

     2009年8月22日、午前9時から八郎山の保全作業を行った。と言っても今回は、斜面の上の民家に接した部分の草刈りなので、ごく内輪に声をかけて少人数で行った――。

    山の神の存在を感じた保全作業

     第5回目となる八郎山の保全作業が2009年6月14日午前9時から行われた。50人以上のボランティアが集まり、「淵の森の会」の宮崎駿会長も最後まで参加。東村山市のみどりと環境課の職員の方々も協力してくださり、さらには途中から渡部尚市長の参加もあり、作業は想像以上に順調にはかどった。
     今回の保全作業、私は今までと違い、事務局の1人として関わったのだが、この日は最初から最後まで不思議な気持ちがしてならなかった――。

    八郎山の保全作業をやります!

     2009年1月25日に淵の森の下草刈りにあわせて、八郎山の落ち葉掃きを行なったのだが、その甲斐あってか、八郎山の大地からは本来生息していた様々な植物が芽を出し、葉を伸ばし、花を咲かせた。その様子については2009年5月13日に「八郎山は今…」という記事で紹介した。
     その時にも「そろそろ草刈りをしなければ…」と思っていたのだが、ようやく保全作業の日程が決まった。日時は2009年6月14日(日)午前9時から。急な話で申し訳ないのですが、ぜひとも多くの人に参加して欲しいと思う――。

    八郎山は今…

     2009年1月25日に落ち葉掃きをした八郎山。「春になると一変しますよ」と言われていたことを思い出し、2009年5月9日、私は八郎山に行ってみた――。

    春が待ち遠しい八郎山

     爽やかに晴れ渡った2009年1月25日。朝早くから淵の森の入り口には人が集まり、午前9時ごろには100人以上はいたのではないだろうか? 「淵の森の会」(旧「淵の森保全連絡協議会」、会長=宮崎駿)主催の毎年恒例の保全作業「早春の下草刈り」に参加するためにこれほどの人が集まったのだ。私も参加したのだが、私は淵の森ではなく、八郎山の保全作業に参加した――。

    来年が本当に楽しみな八郎山

     2008年11月9日、午前9時から第3回目の八郎山保全作業が行われたのだが、今回の作業は本当に疲れた。今も体の節々が痛い。でもそれだけに一種の達成感もあり、来年の変化が楽しみで楽しみで仕方がない――。

    保全作業を手伝ってください!

     2008年11月5日、私は9日に行われる第3回目の八郎山保全作業の具体的な内容を聞くため、今回の作業リーダーと連絡をとった。すると「実際に現地に行きませんか? そこで説明した方がわかると思うんです」と言われたので、私は自転車に乗り、八郎山に向かった――。

    木漏れ日が相変わらず美しい八郎山

    第3回目の保全作業をやります!

     朝夕は少し肌寒いけど、晴れていれば日中はポカポカして過ごしやすい時期になりました。野外でのボランティア作業をするには、もってこいの季節の到来です……エッ、何が言いたいかって?
     先日、「淵の森保全連絡協議会」から連絡があり、八郎山の第3回目となる保全作業の日程が決まったんですよ。11月9日(日)です。今度の作業は力仕事がメインなので、ぜひぜひ多くの人に参加していただきたいと思っています――。

    2008年6月定例会の一般質問より その3

     2008年の6月定例会で私が行った一般質問のやり取りを紹介する最終回。今回は「淵の森対岸緑地の管理について」という質問項目のやり取りを一問一答形式に再構成して紹介する。

    サッパリしました

     2008年8月18日午前9時。「第2回目の八郎山保全作業を行う」と私も2度ほどこのブログで告知したが、正直な話、何人集まるか不安で仕方なかった。だって平日ですからね。
     しかし20人以上の人が駆けつけてくれて、ホッとひと安心。市の職員の方々を合わせて約30人で作業を開始した――。

    第2回目の保全作業をやります!

     2008年6月22日に第1回目の保全作業を行った淵の森対岸の緑地・八郎山。ガラスくずなど主なごみは何とか拾い集め、運び出したものの、切り倒して放置したままの大きな樹木やその下にあるトタンなど、手をつけなければいけない課題はまだ山積みと言ってもいいだろう。
     そんな中、先日、「淵の森保全連絡協議会」の人から、「8月18日(月)の午前9時から第2回目の保全作業をやります」という連絡が入った――。

    ありがとう!参加してくれた東村山市の皆さん

     2008年6月22日、今にも雨が降り出しそうな天気にも関わらず100人を超える人が、八郎山の第1回保全作業に駆けつけてくれた。そのことについてはすでに記事で報告しているが、この保全作業について「淵の森保全連絡協議会」の人からうれしいコメントが届いたので紹介したい――。

    山の神も待っていた(?)保全作業

     朝から雨という予報だった2008年6月22日。公有地化した淵の森対岸緑地、通称・八郎山の第1回の保全作業をするということで、雨の予報にも関わらず、午前9時、100人近くの人が集合場所である淵の森入り口に集まった。この時点で、ナント雨は1滴も降ってなかった。
    「どんだけの晴れ男、晴れ女が集合しているんだろう?」と思ってしまうくらい奇跡的な状況の中、第1回の八郎山保全作業がスタートした――。


    大勢の参加者に作業手順を説明
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。52歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。