好きになろうよ!東村山

    この街をもっと好きになって欲しいと願う中年オヤジの日記
    映画「あん」予告編
    「あん」予告編

    コンテンツ

    【市政全般】
    審議会問題
    パブリックコメント
    市長へのEメール
    自治基本条例
    第4次総合計画
    ホームページ問題
    指定管理者制度
    財政関連
    広報関係
    広告など増収対策
    寄付問題
    市民協働関連
    市税問題
    全生園関係
    職員関連
    経営会議
    消費生活相談
    市政アドバイザー
    施政方針・所信表明
    電子ロッカー問題
    東北地方太平洋沖地震
    イベント情報


    【環境・まちづくり】
    まちづくり関連
    街おこし・観光関連
    産業振興問題
    緑の問題
    淵の森問題
    八郎山問題
    公園の問題
    ごみ関連
    コミュニティバス
    東村山駅周辺まちづくり
    喫煙問題
    環境関連
    萩山通り問題
    西口再開発問題
    桜並木伐採問題
    自転車問題


    【子育て・教育】
    待機児童問題
    子育て関連
    第八保育園問題
    第二保育園問題
    児童クラブ(学童)問題
    図書館関係
    公民館問題
    教育委員会の会議録問題
    教育関係
    八国山たいけんの里
    放射線問題


    【福祉・健康】
    お年寄り関連
    障がい者関連
    女性問題関連
    健康関連


    【議会関係】
    市議って何
    選挙
    議会改革
    市議会ルール
    一般質問
    代表質問
    会派関係
    行政視察
    草の根問題
    予算・決算関連
    議会リポート
    議会日程


    【個人関連】
    プロフィール
    決意までの日々
    東村山への思い
    私に関する問題
    私への名誉毀損裁判

    日常雑感
    過去のつぶやき




    [ 2018/12/31 15:57 ] 【リンク集】 | TB(-) | CM(0)

    議員とSNS

     これは2014年10月2日にフェイスブックに書き込んだモノ。友人限定で公開していたので、一部わかりにく箇所があり、加筆修正してみた。


    *************************


     フェイスブックやツイッター、ミクシィなどのSNSの使い方について、やっぱり地方議員は勉強しないとダメなんじゃないかなぁ。

     議員という肩書と名前を出しておきながら、個人的な話を書き込むのはどうなんだろうね。
     簡単な話なんだよ。個人的な話を書き込みたいなら、友人限定など公開制限をすればいいだけのこと。
    それを世界中の誰でも見ることができるフルオープンの公開設定で書き込む神経が私にはわからない。
     いや、私もやったことありますよ。議員時代にね。議員のプライベートを知ってもらうことも、「議員の仕事」を理解してもらうのによいのでは、と思ってね。
     でも、一市民に戻ったら、そんな議員の書き込みを見かけようモノなら、「何、のんきなことやってるんだよ。もっと働けよ」と思ってしまう。

     議員ってさ、市民からすれば実は、「お前ら、高いお金もらって何やってんだ?」というマイナスイメージからスタートしているんだよね。だから、とことん毎日、仕事のことについて発信するべきなんだと思う。

     もし個人的なことを書き込みたいのであれば、「広く一般の人に知ってもらいたい」などと思わず、ごくごく身近な友人にだけ公開するべきだろう。

     でもそういう使い分けができない地方議員のナント多いことか。
     仕事のことより、イベントや祭りに参加したことなどプライベートの書き込みばかりしている議員を、市民はどう思うと考えているんだろう。決して「よく頑張ってるな」とは思わないよ。
     お世辞で「いろいろ大変ですね」とはコメントしたりするかもしれないけど、本音は「もっとやることあるんじゃないの」と思っているハズ。
     そういうことに思いが至らない地方議員は、潔くSNSをやめた方がいいと思うな。まだ市民関心が向いてないから炎上しないだけ。より多くの人に見られたら、非難・罵倒されるだけだから。

     市民から見て、議員はマイナスイメージからスタートしているということを、もっと強く認識して欲しいなぁ。そうすると自ずと発信するべきことが変わってくるから。


    *************************


     議員を「先生」と呼ぶ市民の大半は、心の中で舌を出している。頑張っている議員に対して、市民は決して「先生」とは呼ばない。
     私は「先生」と呼ばれることが多かったから、「頑張っている議員」とは見られなかったんだろうな、きっと。








    [ 2018/10/04 13:49 ] 【議会関係】 市議って何? | TB(-) | CM(0)

    「政治」について思っていること

     これは2014年9月20日にフェイスブックに書き込んだモノ。今も同じことを思うので、こちらに記録として残しておこうと思う。


    *************************


    「政治」について、何となく思っていることをダラダラ書いてみます。

     もともと「政治」って好きな方ではなかった。何が嫌だったのかなぁと思うと、たぶん、むやみに対立するのが嫌だったんだと思う。
     いろんな市長がいるけど、「金儲け」しようと思って立候補する人っていないと思う。特に最小単位の市区町村の首長に立候補する人は、大体が地元の人(出身は違っても移り住んできた人とかね)であり、「地元もっとよくしたい」という思いから立候補すると思う。
     紛れがあるのは、むしろ市区町村議会議員の方だと思うけど、それでも多くの議員は「地元をもっとよくしたい」と思って立候補したハズだ。

     思いというか、目的は同じなんだよね。

     でも、その実現方法、手法が違うから対立してしまう。で、決め方は大抵、「このやり方がいい人は手を挙げて」と多数決で決まる。違和感があるのはここなんだよね。
    「地元をよくしたい」という思いは同じなんだから、もっと市長には聞く耳をもって欲しいよなぁ……と以前の私は思っていた。

     東村山市で言えば、前市長の細渕さんに対しては、そういう思いを持っていたし、「聞く耳を持たない」というイメージを抱いていた。

     でも、今はちょっと違うんだなぁ。

     会って話したことは一度もないんだけど、たぶん細渕前市長は気のいい人なんだと思う。そして「東村山市のために頑張っている」ということを一番認めてもらいたかった人なんだと思う。
     こういう人に、否定から話を持ちかけたら、そりゃ聞く耳は持たないよね。

     というか、細渕前市長に限らず、否定から話に入ったらダメなんだと思う。問題となっている事業や計画が、「地元をよくしたい」という市長の思いから出てきたことをまず認める。そこから始めると、「この事業や計画は、ここがダメ、あれがダメ」という対立姿勢ではなく、「この事業や計画をこうすれば、もっと市民に喜ばれるものになる」という協調姿勢になっていくと思う。

    「協調姿勢」というと、すぐに対立好きの議員や市民から「与党化か」とか「妥協しやがって」とか言われる。これが私は嫌だったなぁ。

    「こちらの意見を認めないなら、反対」と言うのは、傍から見ると一貫性があるようでカッコいいし、何よりもラクだ。でも、それは「政治」じゃないと私は思う。

     いろんな考えがある。だけど、それらの考えには1つの共通点がある。それは「地元をよくしたい」という思いから出ているということだ。まずそこを共有し、一部がおかしいからと言って全否定するのではなく、「こうすればもっとよくなる」と何度も何度も提案していく。聞き入れてくれるのは、ほんの少しかもしれない。でも、それを根気よくやっていくことが「政治」なんじゃないかな。

     ハッキリ言って面倒だよ。
    「そんなの認められない」と反対する方がどれだけラクなことか。

     オチはないんだけど、何となく、そんなことを今、思っています。


    *************************


     議会に限らず、会社の会議やサークルの打ち合わせなどで一度、「ダメ」「よくない」という頭から否定する言葉をNGワードにして、議論してみると実感として理解できると思う。前提から対立しているケースはまずないと思うから、自然と「こうすればいいんじゃないかな」という方向に議論は進んでいくと思う。そうやって互いの話をよく聞き、歩み寄っていけば、いい結論が導き出されるハズであり、それが「政治」なんだと私は思うんですよね。








    [ 2018/09/24 14:57 ] 【議会関係】 市議って何? | TB(-) | CM(0)

    市議や議会に期待する前に考えて欲しいこと

     これは2013年8月7日にフェイスブックに書き込んだモノ。当時、思ったことを書いたモノだけど、今読み返しても、5年前の思いは変わらない。

    *************************

     8月2日放送のNHKの番組「ニュース深読み」のテーマは「夏休み企画 “ボクらの町の議員”って何やってるの?」だったのだが、番組ホームページの意見欄に10代男性からこんな意見が寄せられていた。

    「ほとんどの議員はマジメにやってると言いますが、何もしてない人が7割いて、真面目な人は1割、悪い人が2割くらいなんじゃないですか?」

     いいとこついてるなと思ったね。
     私の経験から付けくわえるなら、9割は「いい人」。だけど「いい人」=「仕事ができる人」ではない。町内会の世話人としては「いい人」なんだけど……という人がほとんど。
     議会に期待すると、「これじゃあダメだ」ということになるけど、期待しなくなれば「自分たちに何ができるか」を考えるようになる。
     議会に責任転嫁してはダメ。

     同様に市民の1票の力を過信してもダメ。変わらないモノは変わらない。
     東村山市議会の場合、自民党は8人、公明党は6人、共産党は4人、どういう人物であろうがその政党から立候補すれば、票が入り、当選する。

     議会改革じゃない、選挙でもない。
     ほかに市政をよくする方法が、私たち市民にあるハズだ。

     まず認識を変えること。
     目を光らせる対象は議会ではなく、行政である。
     そしてすべてを見ようと思わないこと。
     1つでいい。関心のある事業を見定めて追っていく。機会があれば意見を言う。「1村1品」じゃないけど、「市民1人1事業」、関心を持って行動するだけで市政は変わると思う。

    「市議会議員が変われば」「議会が変われば」と、人に変わってもらおうなんて、虫がいい話だと思いませんか?
     まず自分が変わって、やれることをやる。そこから始めないとダメなんじゃないかな。

    *************************

     市民の方が市政を変える力を持っている……市議を経験したことのある私は本当にそう思う。まずはそのことを多くの市民に知ってもらいたいと思う。自分たちの街なのだから、誰かに任せるのではなく、「おかしい」と思ったらまず自分が動いてみる。それが大事なことだと思う。











    [ 2018/08/07 15:43 ] 【議会関係】 市議って何? | TB(-) | CM(0)

    ところバス乗り入れ実証運行の判断基準について

     第1回「東村山市地域公共交通会議」が開催される告知を前回したけど、肝心のその内容についてブログで報告していなかったですね。実は会議当日の2018年5月25日にツイッターの方で内容をつぶやいていて、それで安心していたんですよね。
     ということで、ツイッターのつぶやきをこちらにまとめておきますね。


    *************************


     第1回「東村山市地域公共交通会議」終了。傍聴者は4人。そのうち市議会議員は3人かな。会議に先立って、副市長から委嘱状をもらった。任期は2020年2月9日まで。委員を見回すと、案の定、全員男性。この状況はやはりよくないよね。コミュニティバスの利用者はおそらく男性より女性の方が多いんだしね。

     この日の議題は『「ところバス吾妻循環コース」多摩湖町地域乗り入れにおける本格運行の判断基準について』。前回、事務局は2つの判断基準を提案したのだが、今回はさらにもう2つの判断基準を加え、計4つの判断基準を提示してきた。今回、この4つから1つを選ぶのかなと思ったら、そうではなかった。
     今回は検討するだけで、判断基準の決定は次回とのこと。

     そもそも、どうして判断基準でこんなに検討しなければならないのか?
     そこを説明しないといけないだろうな。
     ガイドラインでは「それでは試しにバスを走らせてみましょう」という実証運行をまずやるこになっている。
     実証運行をやってみて、「これくらいの地域利用があれば、市が負担をしてでも走らせる価値がある」と判断できたら本運行に移行するワケなのだが、ガイドラインではその判断基準を「収支率40%以上」としている。これは運賃収入を運行経費で割れば出てくる数字だ。
     この判断基準を「ところバス吾妻循環コース」の東村山市内乗り入れ部分にも適用したいと考えているのだが、その部分だけ運賃収入を割り出すのは不可能。だから「収支率40%以上」に相当する判断基準を、10月1日からの実証運行開始までに決めておく必要があり、だから4つも判断基準が出てくるのである。

     事務局が着目した判断基準は、「1日当たりの乗り入れ区間のバス停の乗降人数」で、これなら調査して割り出すことも可能だ。問題はこの人数が、何人であれば「収支率40%以上」に相当するか、だ。判断基準が4つ提示されたということは、算出方法が4通りあるということだ。
     算出方法は説明すると面倒なので、結論だけ列記すると、「1日当たりの乗り入れ区間のバス停の乗降人数」を基準案1では14.7人、基準案2では12.9人、基準案3では20.5人、基準案4では21.0人となっている。で、事務局としては基準案4を判断基準としたいと、提案してきた。

     4つの案の中では、基準案4は一番ハードルが高い数字と言える。一番数字の低い基準案2と比べると、その差は8人だ。低い数字を判断基準として、本運行に移行しやすくするのも1つの考え方であるが、もともとのガイドラインの判断基準である「収支率40%以上」はかなりハードルの高い数字である。
     でも、その高いハードルをクリアしたからこそ、今のグリーンバスは地域の人に認知され、利用され、愛されているのである。ただ「走らせればいい」というモノではなく、ちゃんと「地域の足」となってもらうには、妥協することなく、高いハードルを設置すべきではないかと私は思う。
     とはいえ、4つの判断基準の中では基準案4が一番高い数字というだけであって、「1日当たりの乗り入れ区間のバス停の乗降人数」が21.0人というのは、それほど難しいと思えない。乗り入れ区間内に設置されるバス停は6つ。1日当たり1停留所で3.5人が乗降すればクリアできるのだ。

     10月1日からの実証運行に向けて、多摩湖町地域にところバスの乗り入れが始まること、バス停の設置場所などをしっかり周知し、余裕で判断基準をクリアして欲しいものだ。
     おっと、まだ判断基準は決まったワケではなかった(笑)。
     でも、議論の流れを見ると、基準案4で決まりそうな感じだね。


    *************************


     ちなみに第2回の「東村山市地域公共交通会議」の日程はすでに決まっている。
     2018年7月23日(月)午後3時から開催予定だ。場所は前回と同じ、いきいきプラザ3階のマルチメディアホール。議題も前回と同じ『「ところバス吾妻循環コース」多摩湖町地域乗り入れにおける本格運行の判断基準について』。興味のある人は傍聴に来てください。








    一般質問の目的って何だろう?

     2014年6月8日に個人的にフェイスブックに書き込んだモノを、備忘録としてこちらに転載しておきます。


    *************************


     素朴な質問なんだけどさ、一般質問の目的ってなんだろうね。

     私なりに一般質問のパターンを分類すると、大きく3つにわかれているようだ。

    1.データを聞きだすこと
    2.問題となっていること(または問題としていること)に対する対応策・方針を聞きだすこと
    3.問題解決の提案をすること


     この中の1つ目、データを聞きだすことは、ハッキリ言ってムダだ。「私は勉強していませんよ」と市民に公言しているようなモノだ。事前に担当所管に聞くなり、情報公開請求でデータを得ていて、2つ目と3つ目につなげるべきだろう。

     じゃあ、2つ目と3つ目が一般質問の目的かというと、私はそんな単純なモノじゃないと思う。
     単に問題の対応策や方針を聞き出したり、問題解決の提案をするだけでは意味がない。
     だって、市民が望む問題の対応策や方針でない場合もあるし、問題解決の提案をしても「できない」という答弁をされることもある。それじゃあ、ダメだろう。

     一般質問の目的は、具体的に言えば「市民が望む、問題の対応策や方針を答弁として引き出すこと」「問題解決の提案に対して前向きに検討することを示す答弁を引き出すこと」だと私は考える。

     公的な発言である答弁を引き出すことで、「あの件はどうなった」と機会あることに検証していくことができる。
     行政と喧嘩することが一般質問の目的ではない。喧嘩なら一般質問をする前に所管と十二分にやればいい。年に4回しかなく、しかも時間制限のある一般質問をそんな無駄なことに費やしてはならない。

     行政が毎年毎年の積み重ねであるように、議会も積み重ねで進めていかないとダメ。そのために答弁を引き出し、クサビを打っていく。一般質問がそのための手段だということを、どれほどの議員が理解しているか?
     これを全員が理解し、「市民が望む問題の対応策や方針を答弁として引き出すこと」「問題解決の提案に対して前向きに検討することを示す答弁を引き出すこと」に専念した一般質問をすれば、おそらくそれだけで、議会改革するまでもなく、市政はよくなると私は思う。

     何のために一般質問をするのか?

     これをよく考えれば、考えるほど、これまでの会議録を読み返すことの重要性に気づくハズだ。
     繰り返すが、議会も積み重ねだ。
     初めて取り上げる問題など、ほとんどない。先輩議員が引きだした答弁が思わぬクサビになっているケースが多々ある。それらをジックリと発掘し、今の問題につなげていき、新たなポイントにクサビを打っていく。そしてそれを引き継いでいく……これが大事なんだと思う。


    *************************


     これを書いたあと、私はコメント欄にこんなことも書いている。


    *************************


     議員に対する行政側の答弁は、実は市民にとっても武器になります。「あの時、あの議員にこう言ったではないですか」という詰め方はとても有効です。そういう有効な武器をいくつ市民に持たせることができるか……そういう視点を持って質問してくれる議員が増えると、市民協働もスムーズに進むし、市民も「議員って、議会って必要なんだな」と思うハズです。
     ただ、悲しいかな、そんな視点を持った議員が少ないのが現状です。

     蛇足ではあるけど、会議録を読み込む際、いわゆる与党議員に対する答弁を特にチェックすることを勧めます。それは行政側が「サービス答弁」をしていることがあるからです。
     ヤル気などさらさらないのに「前向きに検討させていただきます」と言ってたりすることがあります。そういう発言を見つけた時の「これは使える!」という喜びは何とも言えません。逆に、いわゆる野党議員に対する答弁は参考程度にとどめておくのがいいでしょう。

     一般質問で、与党議員に対する答弁を引きあいにしながら、質問をすると、行政側の対応はかなり変わります。効力は絶大です。その答弁を否定するのは、与党議員に対して、というか与党会派に対して失礼だからです。
     東村山市の場合、現在の渡部市長は議員経験者なので、特に渡部市長が議員時代に取り上げた問題をチェックして、私は一般質問していました。効果は言うまでもありません(笑)。

     野党議員こそ、与党議員に対する行政答弁を念入りにチェックするべきなんです。最低でも5年はさかのぼって、本会議、各委員会の会議録をチェックすれば、問題解決に向けての攻略の糸口はいくらでも見つかります。それをやらずにただ批判を繰り返す人は、ハッキリ言って市民の味方ではありません。単なるエセ市民派です。
     それから野党議員や少数会派議員、まあ与党議員の中にもいますが「一般質問で聞くことが思いつかない」という人がたまにいます。会議録を読めば、いくらでも「これはどうなったんだ?」という問題が見つかります。こういう作業を全議員がやれば、たぶんそれが市民とっては一番の議会改革だと思います。間違いなく市政はよくなるでしょうから。


    *************************


     こういう視点を持って、一般質問を傍聴する、もしくは会議録で一般質問をチェックすると、「できる議員」「ダメな議員」が判断できます。そういう視点を持った市民が増えることが、結果的には市政をよくしていくんじゃないかなと思います。









    [ 2018/06/08 12:36 ] 【議会関係】 一般質問 | TB(-) | CM(0)

    地域公共交通会議の市民委員になりました

     2018年5月24日にツイッターに書き込んだモノを、備忘録としてこちらに転載しておきます。


    *************************


     まずは報告と告知。
     私、このたび「東村山市地域公共交通会議」の市民委員になりました。実は以前にもやったことがあるのですが、「多様な市民の考えを取り入れるべき」という考えから1期(任期2年)でやめました。今回の市民委員復帰には個人的にテーマがあるのですが、その前にまずは告知。

     2018年5月25日(金)午後3時から市役所隣のいきいきプラザ3階にあるマルチメディアホールで、今年度第1回目となる「東村山市地域公共交通会議」が開催されます。議題は『「ところバス吾妻循環コース」乗り入れにおける本格運行移行の判断基準について』。これ、前年度からの検討事項なんですよね。

     ということで、今期、市民委員になった私を含めた4人が2018年4月24日、市民センター第5会議室に集められ、担当課である環境安全部公共交通課の人からこれまでの資料とともに、議論の経緯を説明してもらった。こういう事前の引き継ぎ、というかレクチャーはとてもいいことだと思う。
     ただ、行ってみて残念に思ったことがある。それは今期の市民委員4人全員が男性であることと、現在55歳の私が、市民委員の中で最年少であるということだ。確か審議会などの「附属機関等の会議」は、委員の30%を女性にしていくよう努力しなければならないハズ。この達成はなかなかむずかしい。
     というのも、委員の多くは各種団体や事業者の代表であることが多いから、女性が委員として出てくるケースが少ない。そのことについて「ぜひ女性を委員に」と市が要請するのもおかしな話だ。となれば、市が委員を選定できる市民委員でできるだけ女性を増やしていくしかない。
     それなのに、今回、市民委員4人のうち、女性がゼロとは……。多様な市民意見を求めての市民委員であるハズなのに、これはいかがなモノだろうか? しかも私以外の市民委員は全員70代。いや、70代の市民委員がよくないというワケではない。もちろん、そういう年代の人もいた方がいいのだけど、「多様な意見」ということを考えたら、もっと幅広い年齢層から市民委員を選定すべきだろう。
     おそらくそのことは、事務局である環境安全部公共交通課もわかっているハズだ。「でも、できなかった」というのが真相だろう。つまり女性や若い世代からの市民委員の応募がなかったのだろう。だとすれば、そろそろ市民委員の募集方法について見直すべきではないだろうか?

    「公募委員候補者名簿登録制度」というモノがあるのをご存知だろうか。審議会などの会議に参加したいと思っても、2年に1回の募集記事を見逃してしまうことがある。また、そもそもそういう審議会があるということを知らない人もいる。そうした人も参加できるよう考えられたシステムだ。
     和光市や富士市など多くの自治体が取り入れている制度なのだが、説明するとちょっと長くなるので、詳しく知りたい人はぜひ柏市の説明記事を読んでみ欲しい。
     多様な市民意見を取り入れていくためには、今後絶対に必要なシステムだと私は思う。
     この「公募委員候補者名簿登録制度」を、可児市はもう1歩踏み込んで制度化している。つまり「多様な市民意見」の中でも、「女性の意見」を積極的に取り入れていこうという考えから、「女性市民委員候補者登録制度」を設置している。これも1つの考え方だろう。
     まあ、市民委員はもう決まってしまったのだから仕方のことだ。個人的に、なるべく多くの女性や若い人の意見を聞いた上で、「東村山市地域公共交通会議」に臨んでいこうと思う。


     さて「東村山市地域公共交通会議」とは、要するにコミュニティバス(通称「グリーンバス」)について話し合う会議なのだが、「市報ひがしむらやま」5月15日号に「グリーンバスの広告募集」という興味深い記事が載っていた。申し込み先が「西武バス」になっていて、「おや?」と思ったんだよね。
     調べると、「東村山市コミュニティバス有料広告要領」というモノがあることがわかった。
     これが面白いというか、不思議な文書なんですよ。まず、いつこの要領が設定されたのか、日付がない。設定日が記載されていない要領は、たぶんないんじゃないかなぁ。
     この「東村山市コミュニティバス有料広告要領」、広告の掲載申し込みに関することが定められているんだけど、肝心な広告内容の基準については触れられていない。どうやらそれは「東村山市有料広告掲載に関する基本方針」によって定められてらしい。ということで、ホームページを検索すると……ない!
     驚くべきことに、「東村山市有料広告掲載に関する基本方針」は市のホームページには掲載されていなかった。
    「市政資料の閲覧」というページがあるのだが、ここに載っているから、存在はするのだろう。しかしネット上では閲覧できない。
     これ、どう思います?
    「市政資料の閲覧」というページを見ると、驚くべきことに「東村山市有料広告掲載に関する基本方針」以外にも、ネット上で閲覧できない市政資料がいっぱいある。「一人ひとりが生きいきと暮らせる社会を目指して/男女共同参画に関する市民意識調査報告書」も見られない。
    「東村山市第4次総合計画「未来の東村山に向けた市への提言」~みんなで創る、みんなの東村山~」もない。「秋津駅・新秋津駅の乗換利便性の向上報告書」なんて面白そうな報告書なのに、図書館にすらない。「東村山市商店街振興プラン<地域との連携による商店街づくりを目指して>」もない。
     こういう市政資料がサッとネット上で閲覧できないことを疑問に思う、市職員はいないのだろうか? 市議会議員はいないのだろうか? こういうことが「市民の知る権利」を奪っているということにどうして気づかないのだろうか? 不思議だなぁ。

     不思議と言えば、「東村山市コミュニティバス有料広告要領」の第3条には「広告の掲載募集は、市のホームページ等でも随時行う」とあるのだけど、市のホームページのトップにある「新着情報」のどこにも「市報ひがしむらやま」5月15日号に掲載されていた「グリーンバスの広告募集」の記事はなかった。
    「東村山市コミュニティバス有料広告要領」を読めばわかるけど、広告取次ぎ事業者である「西武バス」に基本的に丸投げだから、自分たちがやるべきことを忘れてしまっているんだね。
     ところで、なぜ私が「グリーンバスの広告募集」記事について書いたかというと……。
     私が市民委員だった時、広告についての報告はなかったと思うんですよね。コミニティバスについての会議だから、当然、広告についても報告があってしかるべきだと思うんだけどね。5月25日の会議では、果たして報告はあるのだろうか? 楽しみだ。


     ずいぶん話が横道に逸れてしまったけど(笑)、今回、私が「東村山市地域公共交通会議」の市民委員にまたなったのは、個人的にテーマというか、やりたいことがあったからなんですよね。
     私が以前、市民委員になった時の一番の議題はコミュニティバスのガイドラインをつくることだった。
     いろいろと議論をし、「コミュティバス新規導入ガイドライン」と「コミュニティバス運行改善ガイドライン」の2つを2013年3月に策定した。この2つのガイドラインは「約5年を目安に、見直し・更新を行っています」と最後に定めている。今年がその5年目だ。
     この5年間に東村山市のコミュニティバスはかなり変化した。新規路線も導入されたし、「ところバス」の延伸という、ガイドライン策定時には想定できなかった新たな展開もあった。ガイドラインの根幹になる交通不便地域も変わってきている。当然、ガイドラインも見直すべきだろう。

     このガイドラインの見直し・更新を、任期の2年間のうちにできればと、私は思っている。
     そう、任期は2年間。私はちゃんと市民委員を全うするつもりです。
     ということは……そう、おわかりですね。来年の市議会議員の選挙には出ません(笑)。ずいぶん前から「出ない」と言ってるんだけどなぁ(笑)。いまだに「来年はどうするんですか?」って聞いてくる人、いるんだよなぁ(笑)。


    *************************


     とりとめない駄文で申し訳ない。でも、市民委員の選定方法の見直しと、市政資料のネット上の完全公開は、ぜひ市には考えて欲しいことだし、「市長へのEメール」などで市の考えを聞いていきたいと思う。








    市長・市議はネットリテラシーの模範者・指導者に

     ツイッターにちょっと長めのツイートをしたので、備忘録としてこちらにまとめておく。


    *************************


     フェイスブックに「フェイスブック東村山会」というグループページがあり、そこに子ども写真をアップしていたお母さんがいたので、余計なお世話だと思ったけど、2年前に書いた【家族や友人の写真を載せる、その前に知って欲しいこと】という記事をコメント欄に貼り付けた。
     そしてもう一度、手直しをして【家族や友人の写真を載せる、その前に知って欲しいこと】という記事を「フェイスブック東村山会」に書き込んだ。でも、考えてみると、書き込む本人も悪いけど、その書き込みの危険性を指摘せず「いいね!」をする人たちの方がもっと罪深いと私は思う。

     今回問題となった書き込みには、ナント、渡部尚・東村山市長が「いいね!」をしていた。「いいね!」をすることの意味をわかってないんだろうな、渡部市長は。「いいね!」を押すということは、「自分がいい」と思ったことを書き込んだ相手に伝えるだけじゃないんだよね。
    「いいね!」を押したその書き込みが、自分の友達に拡散していくということなんだよね。つまり2018年5月7日現在、渡部市長には1812人の友達がいるけど、その1812人に「いいね!」をした書き込みが拡散していくワケだ。だから友達の多い人はキチン意識して「いいね!」を押すべきなんだよね。

     だから今回、【家族や友人の写真を載せる、その前に知って欲しいこと】という記事を再掲したあと、次の文章を追記した。

    《特に子どもの写真を載せている書き込みを見つけたら、「いいね!」をする前に「犯罪に巻き込まれる可能性があるからやめた方がいい」と注意してあげてください。
     かわいい子どもの写真を見ると「いいね!」したくなる気持ち、よくわかります。でも、「いいね!」することで、「いいね!」された人はさらにうれしくなってドンドン子どもの写真を載せることになるでしょう。
     何もなければいいのですが、何かあった時、私は「いいね!」をした人も“陰の共犯者”だと思います。「いいね!」をするその前に、よく考えてください。お願いします。》


     問題の書き込みには、渡部市長だけでなく、数人の市議も「いいね!」をしている。どうしてちゃんと危険性を指摘してあげないのか。

     今、小中学校ではSNSの危険性から子どもたちを守るために、ネットリテラシー教育を含めたインターネット安全教室のようなモノを開催し、指導している。しかし、本当に指導が必要なのは、子どもたちの親世代、祖父母世代なんだよね。
     そういうことに市が積極的に取り組まなければならないのに、渡部市長からして、この程度の認識すらないようでは困る。市民のネットリテラシー教育を市政に対して求めなければならない立場の市議も問題だ。みんなで協力して、危ない書き込みを見つけたら注意してあげる……そういう街にしていかないと。
     そのためにも、SNSはどう使っていき、どう付き合っていくべきなのかを教える場が必要だし、ちゃんと指摘できる人を増やすべきだと思う。そして「隗より始めよ」で渡部市長や、フェイスブックをやっている市議たちが、率先して不用心な書き込みに対して丁寧に指摘・指導をしていくべきだろう。


    *************************


     それにしても渡部市長も市議の皆さんも安易に「いいね!」し過ぎだよね。来年、選挙があるからなのかな(笑)。
     でも「いいね!」による書き込みの拡散がキッカケで、子どもが何らかの犯罪に巻き込まれたら、笑いごとでは済まないからね。冗談抜きで、心して「いいね!」をして欲しい。
    「市民を守る」という役目を背負っているのだから。








    [ 2018/05/07 13:27 ] 【市政全般】 広報関係 | TB(-) | CM(0)

    「議会報告会」って名称、どうなの?

     これは2014年5月4日に、個人的にフェイスブックに書き込んだモノ。まあ、まずはサラッと読んでみて欲しい。


    *************************


     屁理屈っぽい話だから、軽く読み流してください。

     東村山市議会もついに議会報告会をやることになったんだけど、この「議会報告会」に引っかかってしまったんですよね。
     内容は簡単に言ってしまえば、議会で行政側や議員から提案された議案について、どんな審議が行われ、どういう結論となったのか……まあ、それを報告するんだよね。
     でも、提案された議案のほとんどは行政側からのモノ。つまり行政側が企画し、「どうでしょうか?」と提案したモノに対して、議会が審議し、賛成となれば行政側が議案に沿って実行していく。

     つまり、「議会が決めた」と言葉上では言うけど、実際の議会の役目は「承認」であり、内容について報告するべきは、本来は行政側なのではないだろうか?
     市民にとっては、議案の審議内容を報告されるよりは、その議案成立によって市民生活がどう変わるのか、どういう影響を受けるのか、そっちの方が関心が高いハズ。

     よく「議会報告会に人が集まらない」という話を聞くけど、そりゃ集まらないと思うよ。
    議会および議員はチェックマンなんだから、「どういうチェックをしたか」なんて市民が関心持つワケがない。
     むしろ「これをチェックしてくれ」「この事業、おかしくないかい?」と市民からチェック材料を集める方が、次につながるし、市民としても意見のだしがい、参加しがいがあるというモノだ。

     だから「報告会」ではなく、「出前議会」とか、「意見交換会」とか、「あなたの意見、行政に届けます」とか、市民から意見を聞くためのモノにした方がいいんじゃないかな。
     市長がやっているタウンミーティングみたいなものだ。もしくは問題と思う事業を抽出して「仕分け」を開催するとかね。
     もちろん、それだけでは市民の意見は吸い上げられないから、「市長へのEメール」みたいモノ、「市議会へのEメール」でもいいや、そういったものも用意する必要がある。

     とにかく議会は行政と違い、事業の実行者ではなく、あくまでもチェックマンなのだから、終わった議論を報告されても、市民は困るだけだ。「こうして欲しい」と要望したところで、それは実行者たる行政に言うべきことだからだ。

     事後ではなく事前。

     議会が市民に協力を求めるなら、終わったことではなくこれからのことを「報告」ではなく「相談」すべきでは……なんてことを思ったよ。

     まあ、一市民の戯言ですがね(笑)。


    *************************


     4年前に書いたモノだから、ひょっとしたら「議会報告会」という名称は変わっているかもしれない。そう思ってホームページを見ると……。

    まだ「議会報告会」のようだ

     まだ「議会報告会」のままだった(笑)。まあ、たぶん中身は少し工夫されていることだろう。
     ちなみにお隣の小平市議会はこんな感じ。

    小平市議会のポスター

    「市民と議会の意見交換会」となっている。しかもこのポスター、花小金井駅に貼ってあったんですよね。
     東村山市議会の「議会報告会」のポスターは久米川駅に貼ってあるだろうか? 秋津駅、新秋津駅、八坂駅、萩山駅、西武園駅、武蔵大和駅、西武遊園地駅に貼ってあるだろうか? 東村山駅には市の掲示板があるから、たぶん貼ってあるだろうけど、それだけでいいのかな? 

     まあ、これも一市民の戯言ですがね(笑)。












    [ 2018/05/05 12:25 ] 【議会関係】 議会改革 | TB(-) | CM(0)

    02/20のツイートまとめ

    masa44hm2

    何とか「第3期特定健康診査等実施計画(案)」と「第2期データヘルス計画素案」のパブリックコメントを書き終えた。これ、何人が意見を出すだろうね。改めて読んでみて、資料に目を通すと、「第3期特定健康診査等実施計画(案)」はひどいね。(続く)
    02-20 18:31

    (続き)実施計画なんだから、大事なのは過去の事業の実績分析と、そこから導き出す改善と見直しのハズ。この分析が適当としか思えないんだよね。「特定健診受診者と未受診者の医療費の比較」というデータがあるんだけど、実はコレ、「第2期データヘルス計画」にもある。(続く)
    02-20 18:36

    (続き)同じ内容のデータのハズなのに数字が違う。よく見ると「第2期データヘルス計画」は平成28年度、「第3期特定健康診査等実施計画」は平成27年度。おかしいでしょ。特定検診に関するデータなのに、どうして実施計画の方が古いのを使うの?(続く)
    02-20 18:40

    (続き)あと、おかしいのは目標値の設定基準というか根拠。特定健康検査の受診率は過去5年、かずかずつではあるが増えており、平成28年度は49.0%(平成29年度はまだ数字がでていない)。だから平成30年度の目標値を50%にしたのは納得だ。(続く)
    02-20 18:43

    (続き)しかし特定保険指導実施率は過去5年、一度も20%を超えたことがなく、しかも5年前より微減している。それなのに平成30年度の目標値が25%ってどういうことなんだろうか? この目標値の設定基準という、根拠がわからない。(続く)
    02-20 18:47

    (続き)高めの目標値を設定するからには、当然、「秘策アリ」ということだよね。ということで、そのあとに続く「特定健康診査・特定保健指導の実施方法」および「今後の方向」をじっくり読んだけど、「秘策」が全く見えなかった(笑)。(続く)
    02-20 18:50

    (続き)「まさかね」と思いつつ、「第2期特定健康診査実施計画」を引っ張り出してチェックすると、「まさか」だった。ほとんど内容は同じ。文言すらほとんど同じだった。過去5年のデータ分析による改善点って、どこにあるんだろう? 市民をバカにした計画だねぇ。(続く)
    02-20 18:52

    (続く)こういうことをチェックする市民がもっと増えればいいんだけど、仕事を持っているとなかなかむずかしい。だから市民の代表である市議会議員が率先してパブコメをやるべきなんだよね。これ、一般質問してもいいんじゃないかな。ひどすぎるよ。(了)
    02-20 18:55

    [ 2018/02/21 04:06 ] 【個人関連】 過去のつぶやき | TB(-) | CM(0)
    検索フォーム
    プロフィール

    usuimasayoshi

    Author:usuimasayoshi
    薄井政美

    家族は妻と長男、長女。56歳。趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。東村山市在住

    広告
    草の根問題がわかる本

    民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒


    『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(宇留嶋瑞郎著/ユニコン企画発行/長崎出版発売/1200円+税)

     草の根問題の原点ともいえる1995年の議席譲渡事件と女性市議転落死事故について詳細に書かれたルポルタージュ。現在、絶版となっていて書店では買えないが、私の手元に在庫があるので、希望者はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    広告(通信講座・教材)
    自己啓発に役立つ本
    広告(健康グッズ)
    悩んだ時に役立つ本

    道は開ける新装版

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:26時点)
    感想(104件)


    人を動かす新装版

    価格:1,575円
    (2012/4/17 22:27時点)
    感想(232件)


    自分の小さな「箱」から脱出する方法

    価格:1,680円
    (2012/4/17 22:28時点)
    感想(151件)

    広告(健康食品)
    日本語検定やってみる?
    TOEIC英単語帳 できる?